【詳細データテスト】BMW M4 文句なしのエンジン 卓越したシャシー ルックスだけが問題

公開 : 2021.05.01 20:25  更新 : 2021.05.05 07:44

快適性/静粛性 ★★★★★★★☆☆☆

乗降性は、思ったほど楽なものではない。まず、長いドアを開くためのスペースが周囲に必要で、バケットシートのサイドサポートをまたぎ越えることも必要になる。ただし、乗り込んでさえしまえばこの上なくすばらしいクルマだ。

着座位置は低く、ステアリングホイールはドライバーの真正面にあり、重要な操作系はすべて手の届きやすいところに配置されている。シートは硬いが、優しく心地よく身体をホールドしてくれる。価格の高さに目をつぶりたくなるほどよくできている。

バケットシートと長いドアは乗降性を損なうが、乗り込めばそこには最高の運転環境がある。乗り心地は硬めで、ノイズもうるさいが、ダンパーをコンフォートモードにすれば、ロングツーリングもつらくはない。
バケットシートと長いドアは乗降性を損なうが、乗り込めばそこには最高の運転環境がある。乗り心地は硬めで、ノイズもうるさいが、ダンパーをコンフォートモードにすれば、ロングツーリングもつらくはない。    LUC LACEY

当然というべきか、乗り心地は硬く、かなり舗装の悪い道を走ると破綻しそうになるところもある。しかし、アダプティブダンパーをコンフォートモードにセットすると、スムースで速度域の高い道でなら長距離移動も十分なほどしなやかになる。さすがに、最高にリラックスできるというまではいかないが。

そうはいっても、スポーツモードで低速走行すると、尖った突き上げにさんざん苛まれることになる。その上にはスポーツ+モードが用意されているが、これを使うのはサーキットだけに限定するのが得策だ。

ペースを上げると、キャビンはややノイジーだ。フロントが19インチ、リアが20インチのホイールとタイヤが引き起こすロードノイズには無視できないものがある。113km/hでの室内騒音は73dBで、2019年に計測したメルセデスAMG C 63 Sクーペを3dB上回る。ただし、長距離移動をあきらめたくなるほどひどくはないと、テスターのほとんどが口々に語っていた。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事