【詳細データテスト】BMW M4 文句なしのエンジン 卓越したシャシー ルックスだけが問題

公開 : 2021.05.01 20:25  更新 : 2021.05.05 07:44

意匠と技術 ★★★★★★☆☆☆☆

大型のグリルや煩雑なライン、ひょろっとしたスタンスと不格好なリアビューなど、テスター陣からはそのルックスの欠点を指摘する声が次々と上がった。

前歯が突き出したビーバーのような顔立ちに受けるショックは、時間が経つにつれて和らいでくるが、好きになるかというと話は別だ。この大胆で取り繕おうとしないデザインが好きだというひともいるだろうが、決して万人受けするものではない。

Mにいわせれば、この大型グリルもエアインテークも、エンジンとギアボックスの冷却のために必要だということになる。だがグリルの30%ほどのエリアは衝撃吸収構造体にふさがれているのだから、説明を鵜呑みにはできない。第一、醜いではないか。
Mにいわせれば、この大型グリルもエアインテークも、エンジンとギアボックスの冷却のために必要だということになる。だがグリルの30%ほどのエリアは衝撃吸収構造体にふさがれているのだから、説明を鵜呑みにはできない。第一、醜いではないか。    LUC LACEY

それに比べれば、メカニカルなスペックはずっと受け入れやすい。S58型3.0L直列6気筒ツインターボは新開発で、なかなか強力なパワーユニットだ。最高出力は510ps/5600〜7200rpm、最大トルクは66.2kg-m/2750〜5500rpm。ZF製の8速ATと電子制御LSDを介し、テスト車は後輪のみを駆動する。このほか、4WDやMTも用意されている。

サスペンションはMディヴィジョンのスエシャルメイドとなり、フロントはアルミ部材を用いたダブルウィッシュボーン、リアはマルチリンクで、前後ともアダプティブダンパーを装着する。スタンダードな4シリーズをベースに、シャシーの剛性を高めて強化。ボディは、カーボンルーフなどで軽量化し、重心低下も図られている。

こうした改良は歓迎すべきことだといえる。というのも、新型M4は、すでに大柄だった先代よりもサイズが拡大されているからだ。全長は123mm延び、全幅は17mm広い。われわれの実測値では、車両重量は190kg増加で、これは無視できない数字だ。前後配分は、先代では53:47だったが、新型は前後等分となった。

関連テーマ

人気テーマ

 

人気記事