【7年ぶり全面刷新】新型レクサスNX(2代目)世界初公開 フルモデルチェンジ車のサイズ/内装/デザイン

公開 : 2021.06.12 12:00  更新 : 2021.06.13 07:47

レクサスが、新型NXを発表しました。技術面のトピックは、ブランド初のPHEVの登場。日本の高級ミドルクラスSUVの進化を解説しましょう。

はじめに 次世代レクサス第1弾

text:Wataru Shimizudani(清水谷 渉)

6月12日。レクサスは新型NXを世界初公開した。NXは、レクサスのSUVラインナップの中では、UXの次に大きいクロスオーバーSUVだ。

海外ではコンパクトSUVに相当するが、日本ではミドルクラスSUVと呼んだほうが当てはまるようだ。

新型レクサスNX(プロトタイプ)Fスポーツ
新型レクサスNX(プロトタイプ)Fスポーツ    レクサス

レクサスというブランドゆえ、日本でも海外でも競合車種はBMW X3やアウディQ5、メルセデス・ベンツGLCといったプレミアム・クロスオーバーSUVになるだろう。

NXは2014年に発表された現行型が初代となり、新型は2代目となる。

「プレミアム・アーバン・スポーツギア」をコンセプトにした現行型NXは、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強いデザインが好評となり、2021年4月末時点で90以上の国と地域で累計約100万台を販売。ひとクラス上のクロスオーバーSUVであるRXとともにレクサスのグローバル・コアモデルへと成長した。

そんなNXが、カーボンニュートラル社会の実現と、多様化する顧客のニーズやライフスタイルに寄り添うクルマづくりを推進させる次世代レクサスの第1弾モデルとして、新型にフルモデルチェンジされた。では、その概略を紹介していこう。

新型レクサスNX 外観

新型NXのボディサイズは、全長4660×全幅1865×全高1640mm。現行型と比べて、20mm長く、20mm幅広く、5mm高い。

ホイールベースは2690mmで、現行型より30mm長い。つまり、数値上はサイズアップしているが、それほど大きく変わったわけではない。

新型レクサスNX(プロトタイプ)
新型レクサスNX(プロトタイプ)    レクサス

デザイン面では、レクサスのアイデンティティであるスピンドルグリルを起点に、大きく張り出しながらリアフェンダーに向かう立体でスピンドルアーキテクチャーを深化。新型NXのリニアな走りを表現している。

さらに、フロントフェンダーからキャビンに駆け上がる立体がリアフェンダーに向かう立体と交差し融合する造形で、レクサスの独自性を追求している。

グリル面は垂直に立てて、ボンネットフードをフロント先端間際まで伸ばし、かたまり感を強化。直立したグリルはラジエターの冷却性能を向上させる働きもある。

サイドビューでは、直立したグリル面に向かうボンネットフードで伸びやかさを表現し、リアオーバーハングを短くして軽快感を演出。またベルトラインの直線部を短くし、リアへ向かうキックアップを強調してキャビンに凝縮感を与えている。

車体後部は、バックドア中央に向けてスピンドル形状をモチーフに絞り込み、リアフェンダーがスピンドル形状を挟み込む造形が、キャビンまわりの凝縮感とタイヤの張り出しを強調する。リアコンビネーションランプは、中央に配した一文字ランプと左右のL字型を独立させて、NXの個性を追求した。

バックドア中央には、従来のL字ブランドマークではなくLEXUSロゴが配され、次世代レクサスを象徴している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事