次期BMW X1は2015年末の発売

公開 : 2014.03.05 22:45  更新 : 2017.06.01 02:13

新しいBMW X1は、2015年度の第4四半期に販売が計画されている。現行モデルよりもより小さく、軽くなる予定だ。X1は新しいプラットフォーム、修正されたエンジン、そして重量軽減の施策がされているという。

コードネームF48の名前で開発されているX1は、2シリーズ・アクティブツアラーと同じ横置エンジンとなり、現行の縦置は廃止される。

そのボディ・サイズは現行モデルよりも小さくなるが、室内は同等のスペースが確保されている。また、2シリーズ・アクティブツアラーと同じプラットフォームを使うということは、現行モデルよりも軽量になるということだ。

また、2017年にX2の発売を予定しているBMWだが、X2はX4やX6と同様に、X1をベースとしたスポーティなモデルになるといわれている。

新しいX1とX2のためのエンジンは、ターボ付きの3気筒および4気筒で、ガソリンとディーゼルが用意される。キャパシティは1.5ℓから2.0ℓだ。横置になることから、6気筒の採用はない。しかし、関係筋は2.0ℓ4気筒のハイ・パワー・バージョンを開発中であるとしている。300psのアウディQ3 RSや360psのメルセデス・ベンツGLA45 AMGに対向するというものだ。

ギアボックスは標準で6速マニュアル、オプションで8速オートマティックで、4WDはオプション設定となる。

関連テーマ