【期待以上にパワフル】スズキ・アクロス(3) 長期テスト 良い感じでこなせるSUV

公開 : 2021.07.18 09:45

すべてを良い感じでこなしてくれる

筆者は日常的な走行距離が長く、ガソリンスタンドでの給油回数が自ずと多くなる。環境に悪いクルマだという印象を抱いてしまいそうになるが、アクロスのガソリンタンクが55Lと小さいことが理由。

しかし、自分のクルマの乗り方が、PHEVに適していないと考えるべきだろう。一般的なPHEVのオーナーは、筆者ほど長距離を走ることは少ない。さらに、家庭用の充電器を設置していることが多い。

スズキ・アクロス 2.5 PHEV E-FOUR E-CVT(英国仕様)
スズキ・アクロス 2.5 PHEV E-FOUR E-CVT(英国仕様)

小さな子どもは大抵、沢山の愛で包んでくれる自分の母親が一番美しい女性で、最高の料理人だと考えている。不思議なことに筆者はアクロスに対し、クルマとして似たような感覚を抱き始めているようだ。

アクロスはわたしに多くのものを与えてくれる。そして、すべてを良い感じでこなしてくれる。このクルマが、本当に好きになっているという証拠だと思う。

テストデータ

気に入っているトコロ

パフォーマンス:システム総合での最高出力306ps。それ以上に電気モーターの鋭い反応が、アクロスの印象を作っている。

気に入らないトコロ

いちいち鳴るビープ音:クルマに乗り、シートベルトを締める前にリアシートの荷物を取りたい時。テールゲートが閉まる途中でロックを掛けていない時。ビープ音がうるさい。

テスト車について

モデル名:スズキ・アクロス 2.5 PHEV E-FOUR E-CVT(英国仕様)
新車価格:4万5599ポンド(702万円)
テスト車の価格:4万5849ポンド(706万円)

テストの記録

燃費:15.9km/L
故障:なし
出費:なし

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×