【6.5Lのオープンカー】アストン マーティン・ヴァルキリー ロードスター登場 ペブルビーチで公開予定

公開 : 2021.08.03 18:25

アストンのスーパーカー、ヴァルキリーにオープントップモデルが追加。8月13日に公開される予定です。

米国の自動車イベントで公開予定

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)
translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

アストン マーティンは、ヴァルキリーのオープントップモデルの登場を予告した。

アストン マーティンが米国で初めて販売されてから70周年を記念して、カリフォルニア州で開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスで8月13日に一般公開予定だ。

ヴァルキリーのオープントップモデル(予告画像)
ヴァルキリーのオープントップモデル(予告画像)    アストン マーティン

1951年にDB2が米国で発売されて以来、同社の全生産台数の約25%が北米で販売されている。

アストン マーティンは、ペブルビーチの来場者を近くの「高級クラブハウス」に招待し、歴史的なモデルの展示と2台の新モデルの公開を行う。米国部門の設立を祝うとともに、ブランドの「過去と現在」に敬意を表すという。

ヴァルキリーのオープントップモデルは、8月12日にプライベート公開された後、13日から展示される。

アストン最新のスーパーカー

予告画像からは、標準のガルウィングドアではなく、フロントヒンジで開閉するシザードアとなっていることが確認できる。

新型V12スピードスターのように常時オープントップであるのか、それとも取り外し可能なルーフパネルを備えているのかは、まだ確認されていない。

アストン マーティン・ヴァルキリー(標準モデル)
アストン マーティン・ヴァルキリー(標準モデル)

ボディ以外は変わらず、コスワース社製の6.5L V12エンジンとカーボンファイバー製シャシーを採用することで、ハードトップモデルと同等の性能を発揮すると期待されている。

また、イベントではヴァルキリーと同時に、市販仕様のヴァルハラも展示される予定だ。

アストン マーティンのトビアス・モアーズCEOは当初、生産台数は無制限であると述べていたが、現在では999台を上限とすることが確認されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

      ×