【同じ金額ならRAV4】ヒュンダイ・サンタフェPHEVへ試乗 システムの磨き込みを期待

公開 : 2021.09.18 08:25  更新 : 2021.10.15 13:21

ヒュンダイのSUV、サンタフェにPHEVが登場。上質で広々とした車内を褒める一方、同等の金額ならRAV4 PHEVが有利だと、英国編集部は評価します。

7シーターのプラグイン・ハイブリッド

text:Richard Lane(リチャード・レーン)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ヒュンダイのモデルラインナップで頂点の一角を担う、大型SUVのサンタフェから、ついにディーゼルエンジンが姿を消した。英国へ導入されている2種類のパワートレインは、どちらもガソリン。しかも、どちらもハイブリッドだ。

数ヶ月前、フェイスリフトを受けたサンタフェのハイブリッドへはすでに試乗している。上質な内装の仕立てと、7シーターの広々とした車内に感銘を受けている。今回ステアリングホイールを握ったのは、プラグイン・ハイブリッド(PHEV)の方だ。

ヒュンダイ・サンタフェ 1.6 T-GDi プラグイン・ハイブリッド 4WD プレミアム(英国仕様)
ヒュンダイ・サンタフェ 1.6 T-GDi プラグイン・ハイブリッド 4WD プレミアム(英国仕様)

4気筒の1.6Lガソリンターボエンジンを搭載し、システム総合で最高出力265psを発揮。駆動用バッテリーが満充電なら、91psの電気モーターだけで、最長58kmを走れる。動的性能だけでなく燃費性能の面でも、通常のハイブリッドより実力は高い。

さらにPHEVの場合は、プレミアムと呼ばれる上級トリムグレードが基本。同等のサンタフェ・ハイブリッドとは、英国では3600ポンド(54万円)程度の差しかない。会社からの貸与車両として乗られることが多い英国では、PHEVは税率でも有利だ。

驚くほど操舵時の質感が良い

サンタフェで特徴となるのが、PHEVは四輪駆動のみだということ。もし四輪駆動は必要なく、EVモードでの航続距離も現実的な利用環境ではあまりメリットを感じない、というユーザーなら通常のハイブリッドでも良いだろう。

そちらなら、前輪駆動があえる。英国価格も、4万ポンド(600万円)以下から選べる。

ヒュンダイ・サンタフェ 1.6 T-GDi プラグイン・ハイブリッド 4WD プレミアム(英国仕様)
ヒュンダイ・サンタフェ 1.6 T-GDi プラグイン・ハイブリッド 4WD プレミアム(英国仕様)

バッテリーをケーブルで充電できるという点を除いて、PHEVのサンタフェは、ハイブリッドのサンタフェと基本的な個性はほぼ同じ。普通に運転していて気づくのは、走行中にガソリンエンジンが停止する機会が多くなるという程度。

パフォーマンスは、さほど期待しない方が良い。6速ATに内蔵される電気モーターは91psを発揮し、システム総合で265psあるから、追い越し加速は比較的短時間でこなせる。だが、2005kgもある車重を軽く感じることはない。

アクセルを踏みすぎると、エンジンの負荷がすぐに高まる。大柄なSUVには、少し似つかわしくない質感が顕になってしまう。

反面、驚くほど操舵時の質感は良い。滑らかな路面なら乗り心地も良好で、とても安楽に大きなボディを運転できる。しかし路面状態が乱れてくると、乗り心地は目に見えて悪化してしまう。

この記事に関わった人々

  • 執筆

    リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報部を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ヒュンダイの人気画像

×