【リスペクトすべき進化】シボレー・コルベット C8 3LTへ試乗 ミドシップの衝撃 後編

公開 : 2021.10.22 19:05

動力的にも音響的にも優れるNA V8

数え切れないほどの技術者が、ミドシップ・シャシーの設計と開発に注力してきた。古くからのシボレー・ファンのなかには、FRではないと内心は少し落胆している人もいるとは思う。

だが、コルベットの魅力は多面的なものへ展開したと思う。多くの訴求力を備え、高いオリジナリティも備えている。

シボレー・コルベット C8 3LTクーペ(欧州仕様)
シボレー・コルベット C8 3LTクーペ(欧州仕様)

コルベットのように、大排気量の自然吸気V8エンジンをミドシップしたスポーツカーは、他に存在しない。フロントエンジンなら、フォードマスタングGTやレクサスRC-Fという例もあるが、コルベットと並ぶようなモデルではないだろう。

アクセルペダルのストロークは長く、右足に力を込めると、クラシックなコルベットに乗ったような不思議な感覚に陥る。レブリミット手前まで回すと、ややパワーデリバリーに息切れ感が出るものの、6000rpm以上まで軽快に吹け上がる。

NAエンジンらしくレスポンスは秀逸。豊かなトルクが線形的に湧いてくる。動力性能の実力は非常に高く、聴覚的にも楽しませてくれる。

ドライバーのすぐ後ろに載るエンジンからは、機械的な回転音やクリーミーと表現したくなる吸気ノイズ、内臓に響くエグゾーストノートが重層的に放たれる。すべてが本物のサウンドだ。

本領を発揮させれば速いだけでなく、音響面でもハイレベルなパフォーマーになる。それでいて、手を返したような低速域での洗練性にも唸らされる。

大きな衝撃を与えるスポーツカー

今回試乗したのは路面の滑らかなドイツで、左ハンドル車だった。非常に素晴らしいドライビング体験を与えてくれたが、英国の一般道ではどうだろう。高い期待が持てるが、最終的な評価は英国の環境で味わってから、自信を持ってお伝えしたい。

恐らく本当のクルマ好きなら、C8コルベットが放つノイズや、心にまで響いてくる本物の個性を嫌いにはなれないはず。シンプルに。

コルベットは、好きなスポーツカーの種類ではないかもしれない。かつての「らしさ」から脱却したことを、嘆くかもしれない。しかし最新型が、リスペクトすべきスポーツカーとして深く磨かれていることは事実だ。

世界規模で、大きな衝撃を与える存在であることは間違いない。いよいよ、ミドシップのシボレー・コルベットが英国へ上陸する時がやって来た。

シボレー・コルベット C8 3LTクーペ(欧州仕様)のスペック

英国価格:7万7150ポンド(1172万円/試乗車)
全長:4630mm
全幅:1933mm
全高:1235mm
最高速度:297km/h
0-100km/h加速:3.5秒
燃費:8.2km/L
CO2排出量:277g/km
車両重量:1655kg
パワートレイン:V型8気筒6162cc自然吸気
使用燃料:ガソリン
最高出力:481ps
最大トルク:62.3kg-m
ギアボックス:8速デュアルクラッチ・オートマティック

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事