【モデル3のクロスオーバー版】新型テスラ・モデルYへ試乗 クラストップの実力 前編

公開 : 2021.10.31 08:25

モデル3でヒットを飛ばしたテスラによる、売れ筋ラインの第2段。満を持して登場したコンパクトSUVのモデルYを、英国編集部が評価しました。

主要ラインナップを完成させる最後の1台

執筆:Matt Prior(マット・プライヤー)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
テスラモデル3についてご存知なら、モデルYのことも既に多くをご存知だといえる。テスラのS、3、X、Yという4種の主要ラインナップを完成させる最後の1台だ。

ちなみに本来、モデル3はモデルEを名乗る予定だった。だが、フォードが名前の権利を握っており、使用できなかったという。

テスラ・モデルY ロングレンジ(欧州仕様)
テスラ・モデルY ロングレンジ(欧州仕様)

このモデルYは、コンパクトサルーン、モデル3のクロスオーバー仕様といって良い。英国価格は5万4990ポンド(852万円)から。納車は2022年の初めから始まるという。

ボディサイズはモデル3よりひと回り大きい。全長は4750mm、全幅は1920mm、全高は1624mmとなり、56mm長く、70mm広く、181mm高い。最低地上高は27mm持ち上げられ167mmへ増え、残りは車内空間に充てられている。

まずは写真をご覧いただこう。見た目の印象はいかがだろうか。同僚の1人は、ビデオゲームに登場するクルマのようだと話していた。あるいは、自動車保険のTVCMに登場する、ブランドが隠された匿名モデルのようにも見える。

恐らく、わたしたちはまだフロントグリルのないクルマに慣れていないのだろう。テスラのオーナーなら、見慣れたスタイリングだと思うが。

英国へ導入されるモデルYには、2つのバージョンが用意される。どちらもデュアルモーターで四輪駆動だ。パワーで劣る方が、航続距離の長いロングレンジ。今回試乗したモデルYだった。

ツインモニターで440ps、航続距離506km

フロント側よりリアモーターの方がパワフルで、2基合わせて440psの最高出力を発揮する。0-100km/h加速は5.0秒、最高速度は214km/hと、ロングレンジでも充分に速い。

パワーで勝る方は、モデルY パフォーマンスと呼ばれる。システム合計で490psを発揮し、0-100km/h加速は驚きの3.7秒へと短縮される。

テスラ・モデルY ロングレンジ(欧州仕様)
テスラ・モデルY ロングレンジ(欧州仕様)

内臓が偏るような勢いで加速を披露するSUVは、必要ないと考える読者もいると思う。筆者も賛同する。

だが実際のところ、高速走行から減速する際、運動エネルギーを可能な限り多くの電気へ変換するには、高性能なモーター・ジェネレーターが必要になる。回生ブレーキの性能を高めると、結果として最高出力も増えるという仕組みなのだ。

モデルYの加速力や最高速度、航続距離などをモデル3の同等グレードと比較すると、若干低いことがわかる。その理由は、クロスオーバーとして大きくなり、車重が2003kgへ増えていることが1つ。また正面面積が大きくなり、空気抵抗も増しているのだろう。

そうはいっても、ロングレンジの航続距離は公称で506km。今後、もう少し伸びる可能性もある。テスラはバッテリー容量を公表していないものの、情報ではグロスで79kWh、実容量で約75kWhを備えるようだ。

大きなバッテリーは前後タイヤの間、フロア下に敷き詰められる。充電ポートはボディの左後ろ側。DCの急速充電器なら最大250kW、ACなら最大11kWで充電が可能となっている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    マット・プライヤー

    Matt Prior

    英国編集部エディター・アト・ラージ
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

モデル3のクロスオーバー版 新型テスラ・モデルYへ試乗 クラストップの実力の前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

テスラの人気画像