アレックス・アルボン F1復帰を語る 掴んだ2度目のチャンス、活かせるか

公開 : 2021.11.07 19:45  更新 : 2021.11.08 09:52

アルボンが考えるDTMとは

フェラーリ488 GT3でのレースは、多くの人にとって夢のような体験だ。しかし、2021年のアレックス・アルボンにとっては、F1から脱落したことで失ったものを浮き彫りにする警鐘だった。

アルボンは、レッドブルの支援を受けたAFコルセの一員としてDTMに参戦した。ニュルブルクリンクで優勝し、トルコGPに参加するために最後の2レースを欠場したにもかかわらず総合6位に入賞するなど活躍を見せたが、彼が「ABSとトラクションコントロールを備えた、まったく異なるスタイルのレース」と表現するレーシングマシンに、あまり魅力を感じていなかったことは周知の事実だ。

DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)
DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)

GT3マシンは速いとはいえ、重量は70%大きく、パワーは40%低く、ラップタイムは25秒も遅いのだから、F1を卒業したばかりで、いまだにグランプリマシンをテストしているドライバーにとっては遅いとしか思えないのではないだろうか。

「その通りだけど、DTMを貶めているわけじゃない。AFコルセのスタッフやフェラーリとの仕事、そしてDTM自体は大好きさ。だけど、F1を経験し、その本質を知ってしまえば、だれでもF1ドライバーになりたいと思うものだよ」

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フォーミュラ1の人気画像