帰ってきたSEMAショー 主役は「ブロンコ」 広がるフォードの可能性  

公開 : 2021.11.21 05:45

帰ってきたSEMAショーのフォードブースはブロンコが主役。フォードの今後にも期待が高まります。

帰ってきたSEMAショー

フォードのSEMAショー2021出展車両が世界的に大きな話題になった。

それもそのはず、ブロンコにマーヴィック、さらにレンジャーからF-150ラプターまでド派手にカスタイマイズするというのだから。

フォード・ブロンコのカスタマイズカー
フォード・ブロンコのカスタマイズカー    フォード

世界最大級の自動車アフターマーケット見本市として知られる、SEMAショーが帰ってくる。

新型コロナ感染症拡大の影響で、昨年(2020年)は米ネバダ州ラスベガスコンベンションセンターでのリアル開催を見送り、ヴァーチャルでの商品紹介にとどめていた。

SEMAとは、スペシャリティ・エクイップメント・マーケット・アソシエーションというアメリカの自動車部品メーカーなどが作る業界団体で、毎年11月にSEMA加入企業による大イベントを開催してきた。

時代を振り返ってみると、筆者(桃田健史)は1980年代からSEMAショーを取材してきたが、90年代中旬頃までは、あくまでも自動車の部品ショーというイメージが強かった。

アメリカでは、日本のようなオートバックスやイエローハットのように、個人向けの部品販売店がほとんどなく、自動車部品商といえば、自動車修理業向けの店舗が主体だった。

そのうえで、SEMAショーはピックアップトラックなどの商用車がメインで、乗用車向けはカーオーディオメーカーの出展が目立つ程度だった。

それが90年代後半に一気に変わった。

デトロイト3が一気に反撃

米ロサンゼルス周辺を起点として、インポートカーチューニングのブームが訪れたのだ。

インポートカー(輸入車)といっても、その多くは日本車だ。

フォード・マスタングのカスタマイズカーは今年も出展されている
フォード・マスタングのカスタマイズカーは今年も出展されている    フォード

アジア系マフィアを中心に、シビックアキュラRSX(インテグラ)などを使った違法なストリードドラッグレースや、違法ドラッグの使用もうわさされていたショーと呼ばれる展示会などが広まった。

そうしたブームに、日本ではチューニングブームが下降し始めていた日系チューニングメーカーなどが相乗りした形だ。

こうした社会現象が、映画「ザ・ファースト・アンド・フューリアス(邦題ワイルド・スピード)」として公開され日本を含めたグローバルで大ヒットとなる。

そのためSEMAショーも一時、東京オートサロンのように日系チューニングカーの存在感が一気に増し、デトロイト3(GM・フォード・クライスラー/ダッジ(現在のステランティス)」は肩身が狭い時期があった。

だが、2000年代中盤には日系チューニングメーカーブームは一気に終焉。

これと入れ替わるようにして、デトロイト3は一気に反撃してきた。

なかでも、フォードはシェルビーを皮切りにマスタングをマッスルカーの原点回帰として位置付け、SEMAショーをセールスプロモーションの場として大々的に活用した。

そして……。

記事に関わった人々

  • 執筆

    桃田健史

    Kenji Momota

    過去40数年間の飛行機移動距離はざっと世界150周。量産車の企画/開発/実験/マーケティングなど様々な実務を経験。モータースポーツ領域でもアメリカを拠点に長年活動。昔は愛車のフルサイズピックトラックで1日1600㎞移動は当たり前だったが最近は長距離だと腰が痛く……。将来は80年代に取得した双発飛行機免許使って「空飛ぶクルマ」で移動?

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

フォードの人気画像