自作シングルシーター アルファ・ティーポ159風 ジョン・ナッシュ・スペシャル 前編

公開 : 2021.11.21 07:05

英国のスポーツカー魂を象徴する、FRPボディで仕上げたスペシャル・モデル。見事な自作車を英国編集部が紹介します。

遠くから見た姿はティーポ159にそっくり

執筆:Colin Goodwin(コリン・グッドウィン)
撮影:Luc Lacey(リュク・レーシー)
翻訳:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
まるで往年のF1ドライバー、ファン・マヌエル・ファンジオ氏が見た景色を、体験しているかのようだ。小さなフロントガラスが、華奢なアルミニウム製のフレームに収まっている。その先で、細長いボンネットの峰をワイヤーホイールが支えている。

筆者の手は、十字に切られたアルミスポークをウッドリムが挟む、ステアリングホイールを握っている。右足の横には、握りやすそうなシフトノブが突き出ている。

ジョン・ナッシュ・スペシャル
ジョン・ナッシュ・スペシャル

アルミ製のダッシュボード・パネルに、白い盤面のメーターが並ぶ。コクピットは非常にシンプル。

シングルシーターの小さなクルマだが、肘まわりの空間には余裕がある。3枚のペダルの位置はもう少し近くても良さそうだが、これはオーナーへ最適化されている。筆者が感じるベストと多少違っていても当然。シートの位置も変えられない。

この赤いクルマを初めて目にしたのは、2019年にブランズハッチ・サーキットで開催された、ビンテージ・スポーツカー・クラブのミーティング・イベント。キットカー・エリアに展示される車列に混ざって停まっていた。

遠くから見た姿は、往年のグランプリ・レーサー、アルファ・ロメオ・ティーポ159 アルフェッタにそっくりだった。オープンホイールの真っ赤で滑らかなボディに、特徴的な卵型のフロントグリルが切られていたのだから。

オーナー自ら組み立てるスペシャル・モデル

接近するとウインカーが付いていて、ナンバープレートも取得している。公道も走れるようだった。詳しくはわからなくても、素晴らしい佇まいだったことは間違いない。

そのクルマの前には、プレゼンテーションとして説明が記された1枚の紙が置かれていた。それによれば、このクルマはイベントでキットカーとスペシャル・モデルの展示ブースを企画した、1人の男性が作ったものだという。

ジョン・ナッシュ・スペシャル
ジョン・ナッシュ・スペシャル

その人物の名前は、ジョン・ナッシュ氏。ケント・キットカー・クラブのメンバーだった。ホームメイドのスペシャル・モデルは、50年前の英国ではしばしば目にすることができたが、最近はとても珍しい。

1950年代から1960年代にかけて、アマチュア・ドライバーが主にモータースポーツを楽しむために発生した、スペシャル・モデルという文化。ガレージでオーナーが自ら組み立てる、キットカーの前身といえるものだった。

シャシーやボディ、エンジン、各部品を供給・販売する、独自の産業体系が英国には形成されていた。マクラーレンF1の開発などで知られるゴードン・マレー氏も、初めて手掛けたのはIGMフォードT1と呼ばれるスペシャル・モデルだ。

ロータス・セブンの影響を強く受けた、細身のボディにサイクルフェンダーが特徴。スペースフレーム・シャシーはゴードン自身が設計したものだった。この赤いクルマを目にしたら、彼も恐らく感動してくれるのではないかと思う。

記事に関わった人々

  • 執筆

    コリン・グッドウィン

    Colin Goodwin

    英国編集部ライター
  • 撮影

    リュク・レーシー

    Luc Lacey

    英国編集部フォトグラファー
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

自作シングルシーター アルファ・ティーポ159風 ジョン・ナッシュ・スペシャルの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ルノーの人気画像