フィアット500e フィアット初のEV日本発表 カーリースのみの販売へ 航続、最大335km

公開 : 2022.04.05 21:20

フィアット500eが日本で発表されました。フィアット初のEVで、航続距離は最大335kmです。

読み方はチンクエチェント・イー

ステランティス・ジャパンは、フィアット初の純EVとなる「フィアット500e(フィアット・チンクエチェント・イー)」を、2022年6月25日(土)より、全国の正規ディーラーを通じて、既存のエンジン搭載車「フィアット500」とともに販売する。

メーカー希望小売価格(消費税含む)は、450万円から495万円。クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金(CEV補助金)の対象となり、上限額である65万円が適用される。

フィアット500e
フィアット500e

なお、500eの販売については、サブスクリプション型カーリース「フィアット・エコ・プラン」ならびに、既に提供中の5年間月々定額支払いカーリース「パケット・フィアット」のみを前提としている。2つのプランについては後述する。

フィアット500ならびにアバルト595の昨年第1クオーターの販売台数は約2700台にのぼる。過去最大の台数であり、前年比は20%増となる。

バッテリー42kWh 航続、最大335km

フィアット500eのボディサイズは、全長3630mm×全幅1685mm×全高1530mm。参考までに、従来型フィアット500の全長3570mm×全幅1625mm×全高1515mm。ボディは完全に新設計となる。

デイライトはボンネットフード上に埋め込まれる。この部分と、ヘッドライトを合わせると、アイコニックな丸形のデザインが浮びあがる。プロダクトマネージャーの生野逸臣氏は「ボンネットに切れ込みを入れ、ライトを埋めこむことは、コストのかかることです」としたうえで、これまでの500のヘリテージをデザインで表現することの熱意を伝えた。

フィアット500eのヘッドライト。
フィアット500eのヘッドライト。

パワートレインは全車、最高出力87kW(118ps)、最大トルク22.4kg-mの電気モーターを搭載。バッテリーは42kWhのリチウムイオン・バッテリーパックを床下に配置する。

航続距離は、最大335km(WLTC)と公表される。充電は単相交流200V用の普通充電と、付属のCHAdeMOアダプターを介した急速充電に対応する。ステランティスは、充電用カードをグループ全体で活用できる形で発行する予定。また10月〜12月末にかけて、全国73ディーラーで充電システムを整備する。

ドライブモードは3つ。「eモードセレクターで切り替えられる。「NORMAL」ではペダル応答性が高く、エンジン車のようなドライブ感覚だという。「RANGE」では、回生ブレーキの効きが強まり、アクセルペダルを離しただけでブレーキを掛けたような強い減速が得られるという。「SHERPA」は、アクセルレスポンスの制御やシートヒーターのオフなどによりエネルギー消費を抑え、航続距離を最大化するエコモードだ。

記事に関わった人々

  • 撮影

    宮澤佳久

    Yoshihisa Miyazawa

    1963年生まれ。日大芸術学部写真学科を卒業後、スタジオ、個人写真家の助手を経て、1989年に独立。人物撮影を中心に、雑誌/広告/カタログ/ウェブ媒体などで撮影。大のクルマ好きでありながら、仕事柄、荷物が多く積める実用車ばかり乗り継いできた。遅咲きデビューの自動車専門誌。多様な被写体を撮ってきた経験を活かしつつ、老体に鞭を打ち日々奮闘中。
  • 執筆

    上野太朗

    Taro Ueno

    1991年生まれ。親が買ってくれた玩具はミニカー、ゲームはレース系、書籍は自動車関連、週末は父のサーキット走行のタイム計測というエリート・コース(?)を歩む。学生時代はボルボ940→アルファ・スパイダー(916)→トヨタ86→アルファ156→マツダ・ロードスター(NC)→VWゴルフGTIにありったけのお金を溶かす。ある日突然、編集長から「遊びにこない?」の電話。現職に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

フィアットの人気画像