「ダックテール」復活 ポルシェ911スポーツ・クラシック(992タルガ) 限定1250台 MT車最強の550ps

公開 : 2022.04.28 07:04

ポルシェは、ヘリテージ・コレクション第2段として限定モデル「911スポーツ・クラシック」を発表しました。

初代911カレラRS 2.7をオマージュ

ポルシェは、新型911スポーツ・クラシックを発表した。4つのヘリテージ・デザインモデルのうちの第2弾である。

ポルシェ・エクスクルーシブ・マニュファクトゥールにより合計1250台のみが製造される限定モデルで、2009年に発表された997型911スポーツ・クラシックと同様、1972年の911カレラRS 2.7にインスパイアされたデザインとなっている。

ポルシェ911スポーツ・クラシック
ポルシェ911スポーツ・クラシック    ポルシェ

現在、欧州ではオーダーが可能で、価格は27万2714ユーロ(約3755万円)から。2022年7月以降に欧州ポルシェ・センターから納車が開始され、他の市場にも順次展開していく予定だという。日本における情報は現時点では無い。

カスタマイズおよびクラシック部門責任者のアレクサンダー・ファビグは、次のように述べている。

「ヘリテージ・デザインモデルは、ポルシェの製品戦略において、よりエモーショナルなコンセプトを表現しています。スタイル・ポルシェのデザイン部門がポルシェ・エクスクルーシブ・マニュファクトゥールと協力して、1950年代から1980年代の象徴的な911モデルや装備を再解釈し、当時のデザインの特徴を蘇らせます」

「ポルシェは、4つの限定モデルを長期にわたって発表していきます。その第一弾として2020年に発表されたのが、1950年代と1960年代のデザイン要素を取り入れた『911タルガ4Sヘリテージ・デザイン・エディション』です」

ポルシェは、特別なクロノグラフも制作している。911スポーツ・クラシックのデザインから数々のディテールを取り入れたという。また、911スポーツ・クラシックのインテリアエレメントは「ヘリテージ・デザイン・クラシック」パッケージとして、ほとんどの現行911モデルで選択できるようになるという。

歴史的デザインの再解釈

エクステリアとしては、ワイドボディにカレラRS 2.7の「ダックテール」スタイルの固定リアスポイラーとダブルバブルルーフを装着し、個性を際立たせている。

997型の911スポーツ・クラシックと同様、初期のポルシェ356のファッショングレーにインスピレーションを得たカラーリングを採用。スタイル・ポルシェ副社長のマイケル・マウアーは、「新型911スポーツ・クラシックは、塗装にスポーツグレーメタリックを採用した最初のモデルです。グレーは決して退屈なものではなく、しばしば主張するものであり、常にクールなものです」と語る。

ポルシェ911スポーツ・クラシック
ポルシェ911スポーツ・クラシック    ポルシェ

スポーツグレーメタリックの他に、ソリッドブラック、アゲートグレーメタリック、ゲンチアンブルーメタリック(10月追加予定)も用意されている。また、ボンネット、ルーフ、リアスポイラーには「スポーティなデザイン」を強調するというライトスポーツグレーのツインストライプが描かれる。

インテリアでは、ブラックおよびクラシックコニャックの2トーンのセミアニリンレザーを採用。ドアパネルとシートには千鳥格子の「ペピタ」パターンが施されている。

パワートレインについて見ていこう。

記事に関わった人々

  • 執筆

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ポルシェ 911の人気画像