新旧コルベット、カマロが181台集合 富士を走ったC8オーナーの声は? 「シボレー・ファン・デイ2022」

公開 : 2022.06.09 05:45  更新 : 2022.06.09 06:30

「シボレー・ファン・デイ2022」に、全世代のコルベットが登場。右ハンドルになったC8でFSWを走ったオーナー達の声を集めました。

過去最多 366人が富士スピードウェイに

執筆:Remi Kohara(小原れみ)
撮影:Yoshihisa Miyazawa(宮澤佳久)

朝から真夏のような太陽が輝いた5月28日、富士スピードウェイのパドックにはコルベットカマロなどのアメリカン・スポーツカーが続々と集まってきた。

この光景が見られるのは実に3年ぶり。

ミドシップに生まれ変わったコルベット。日本で本格デリバリーが始まってから初のシボレー・ファン・デイに取材班が潜入した。
ミドシップに生まれ変わったコルベット。日本で本格デリバリーが始まってから初のシボレー・ファン・デイに取材班が潜入した。    宮澤佳久

アメリカを代表する自動車ブランド、シボレーの愛好者を対象にした「シボレー・ファン・デイ2022」がついに開催されたのだ。

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(以下GMジャパン)がこのイベントを初めて実施したのが2018年。当日限りの贅沢な体験ができる内容で好評を博し、翌年2019年の開催も大盛況のうちに幕を閉じた。

2020年からコロナ禍で延期されてきたが、日常が戻りつつある今年の春ごろに実施についてアナウンスが流れ、ホームページなどで参加応募を受け付けた。

待ちに待った当日、会場を埋め尽くした車両は181台を数え、オーナーや同伴者、シボレー・ファンなど合わせた参加人数は366名、過去最多を記録。

この結果は、昨年日本に右ハンドルが導入された「C8」こと8代目コルベットの好調なセールスが影響しているようだ。会場を見渡すと実際にC8が圧倒的に多いと感じた。

コルベットは70周年へ 全世代揃い踏み

そんなC8オーナーたちを釘付けにしたのが歴代コルベットの展示である。

来年で70周年を迎える節目に際し、初代C1から現行モデルまでの8台がズラリと整列。1台ずつデザインを見比べたり、写真に収めるなど、ギャラリーの目を楽しませた。

C1からC8まで、歴代コルベットが並ぶヘリテージ展示。カメラを手にしたファンが後を絶たない。
C1からC8まで、歴代コルベットが並ぶヘリテージ展示。カメラを手にしたファンが後を絶たない。    宮澤佳久

そのほか盛りだくさんの企画で会場の熱気はヒートアップ! 実際にどんなプログラムが行われたのか、多くのファンを惹きつける理由を探るべくレポートしよう。

プログラムの目玉の1つ、コンクール・デレガンスは、参加車両の中から一般投票で美しさを競うコンテストだ。

本来コンクール・デレガンスはクラシックカーのコンペティションを指すが、ここでは年式やモデルを限定せず、どの車両にもチャンスがある公平なもの。

票を多く集めた1位から3位までの入賞者はステージで表彰され、GMジャパンの若松社長よりトロフィーが手渡された。

1位に輝いたのは、オレンジ・ボディにレーシングストライプが際立つAさんの愛車、2021年式C8だ。「このコルベットは2台目です、乗っていて本当に良かった!」と喜びの声を聞くことができた。

関連テーマ

おすすめ記事

 

イベントの人気画像