利益薄くても売る ヒョンデ 欧州向け小型EV、2車種導入へ 2023年以降発売見込み

公開 : 2022.08.15 06:05

ヒョンデは欧州向けの小型EVとして2車種を開発しており、2023年半ば以降に順次発売する見込みです。コストが高く利益率を見込めない小型の電動モデルですが、ヒョンデのEV攻勢は加速しそうです。

i10の後継? 欧州で注目高まる小型EV市場

ヒョンデは、欧州市場向けに2車種の小型EVを開発しており、2万ユーロ(約275万円)以下の価格帯を狙っている。

2車種とも、2020年に発売されたハッチバック、ヒョンデi10の後継車となる見込みで、車名などは未定。同社が2030年までに欧州での発売を予定している10車種のEVの中に含まれているものだ。

ヒョンデが欧州で販売している小型ハッチバック「i10」
ヒョンデが欧州で販売している小型ハッチバック「i10」

一方は都市部向けのシティカー、もう一方はやや大型のモデルになると予想される。生産開始時期は、2023年半ばと2024年後半の見込み。

米ボーグワーナー社製の電気モーターを採用し、最高出力135kW(184ps)とされているが、ヒョンデがどの程度のパワーとトルクを新型車に与えるかは不明だ。

こうした小型EVは、現在欧州市場で注目が集まりつつあるカテゴリーである。フォルクスワーゲン・グループ、クプラ、スコダ、フォルクスワーゲンの各ブランドから、ほぼ同価格帯の小型EVを発売する予定だ。

しかし、ヒョンデの欧州部門のマーケティング責任者であるアンドレアス・クリストフ・ホフマンは、オートモーティブ・ニュース・ヨーロッパ誌の取材に対して、小型EVの市販化はまだ少し先であると語った。

手頃な価格の小型車、特にEVの導入は、欧州で強まる排ガス規制に適合するためにメーカーが模索している中でたどり着いた答えだ。

ホフマンは、シティカーは価格設定が低く、電動化技術の開発もあり、「採算が合うように売るのは難しい」と述べている。

ヒョンデは第2四半期、欧州販売を8.2%伸ばし、全販売台数のうち16%をEVが占める。小型EVの収益性への懸念はありつつも、電動化の効果は無視できないのだろう。

今年後半には、新型EVセダンのアイオニック6が欧州で発売される。航続距離610km、最高出力334ps を実現し、4万5000ポンド(約730万円)前後の価格になると予想される。

「下半期には自信がある」とホフマンは語っている。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR UK

    Autocar UK

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の英国版。
  • 翻訳

    林汰久也

    Takuya Hayashi

    1992年生まれ。愛知県在住。幼い頃から自動車/戦車/飛行機/宇宙船など乗り物全般が大好物。いつかすべての乗り物を手に入れることを夢見ている。最近はバイクの魅力に気づき、原付と中型を衝動買いしてしまった。大学卒業後、不動産営業と記事制作ディレクターを経て2020年に独立し、フリーランスとして活動開始。現在に至る。

関連テーマ

おすすめ記事

 

ヒョンデの人気画像