ドイツ車の国内急速充電ネットワークに「フォルクスワーゲン」加盟 年内に210拠点へ

公開 : 2022.11.22 12:00  更新 : 2022.11.23 12:21

アウディ、ポルシェに続き「フォルクスワーゲン」が、PCAに加盟。3ブランドのEVオーナーが、各販売店の充電器を相互利用できるようになります。

ドイツ3ブランド EV時代に一歩前進!

日本国内で急速充電器のネットワーク拡充を促進する「プレミアム・チャージング・アライアンス(PCA)」に、フォルクスワーゲン ジャパンが加盟することを明らかにした。

これまでのPCA加盟ブランド「アウディ」「ポルシェ」に続き、「フォルクスワーゲン」が加わった形だ。

フォルクスワーゲン日本法人は、フルEV「ID.4」を本日発売。499万9000円~という戦略価格で投入する。これに合わせてPCAへの加盟もアナウンスされた。
フォルクスワーゲン日本法人は、フルEV「ID.4」を本日発売。499万9000円~という戦略価格で投入する。これに合わせてPCAへの加盟もアナウンスされた。    宮澤佳久

EV普及には、充電インフラの拡充が不可欠となっている。

今回、ドイツの3ブランドの販売店または都市部に展開される90~150kW級出力「CHAdeMO」規格の急速充電ネットワークが、フォルクスワーゲンの加盟により強化される。

今後2022年12月末までに、日本国内約210拠点・220基(3ブランド合計)の急速充電器を、各ブランドのオーナーが相互利用できるようになるという。

日本国内のEV市場で、ドイツ系の輸入電気自動車が存在感を高めるのは必至だ。

記事に関わった人々

  • 撮影

    宮澤佳久

    Yoshihisa Miyazawa

    1963年生まれ。日大芸術学部写真学科を卒業後、スタジオ、個人写真家の助手を経て、1989年に独立。人物撮影を中心に、雑誌/広告/カタログ/ウェブ媒体などで撮影。大のクルマ好きでありながら、仕事柄、荷物が多く積める実用車ばかり乗り継いできた。遅咲きデビューの自動車専門誌。多様な被写体を撮ってきた経験を活かしつつ、老体に鞭を打ち日々奮闘中。
  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事