運転支援あれこれ フォルクスワーゲンID.4 GTX(2) 長期テスト IDライトと駐車アシストは効果的

公開 : 2022.12.03 09:45  更新 : 2023.01.13 14:58

日本でも販売が始まるVWのEV、ID.シリーズ。クロスオーバー「4」の実力を、英国編集部が長期テストで確認します。

積算537km 賢いレーダーシステム

フォルクスワーゲンID.4に搭載される、アダプティブ・クルーズコントロールなどに用いるレーダーシステムは賢い。前方を走るクルマの種類を表示し、自車との距離を教えてくれる。

ところが昨晩、筆者の自宅前にID.4を停めたところ、実際には存在しないバイクが前方にいると表示された。その一度きりだが、何かの誤認なのだろう。ハロウィーンが近かったこととは関係ないと思うが。

フォルクスワーゲンID.4 GTX マックス(英国仕様)
フォルクスワーゲンID.4 GTX マックス(英国仕様)

積算2557km BEVでも走れば虫が当たる

今年の夏は特に暑かったためか、ID.4のワイドなバンパーには沢山の虫の死骸が張り付いている。普段はあまり気にしない筆者だが、ホワイトのボディだと目立ってしまう。

ある調査によると、英国に生息する昆虫は過去20年間で60%も減少したとか。急減といえ、このバンパーを見ると罪悪感も生まれる。排気ガスを出さないバッテリーEV(BEV)でも、走行中に虫を殺してしまうことに変わりはない。

フォルクスワーゲンID.4 GTX マックス(英国仕様)
フォルクスワーゲンID.4 GTX マックス(英国仕様)

積算3432km 運転中に効果的なIDライト

まれに、フォルクスワーゲンID.4 GTXが生きているのではないかと思うことがある。

ドアロックを解除すると、LEDマトリックス・ヘッドライトが目覚めた巨大生物の目玉のように、上下左右へ回るように動く。クルマから降りるとブランドのサウンドロゴが鳴り、ドライバーとの別れを悲しんでいるように感じさせる。

フォルクスワーゲンID.4 GTX マックス(英国仕様)
フォルクスワーゲンID.4 GTX マックス(英国仕様)

運転中に効果的だと感じるのが、ダッシュボード上のIDライトと呼ばれる細い光の帯。車載ナビと連動し、交差点などへ接近すると向かうべき方向へシーケンスに光ってくれる。

完璧とはいえない運転支援システム

ただし、完璧というわけではない。時折、ADASと呼ばれる先進的な運転支援システムがわずらわしく感じる場面もある。車線維持支援と衝突被害軽減ブレーキ、アダプティブ・クルーズコントロールなどが複合的に働くシステムだ。

基本的に、アダプティブ・クルーズコントロールは良く機能する。だが、頻繁に利用する高速道路で気になる部分を発見した。

フォルクスワーゲンID.4 GTX マックス(英国仕様)
フォルクスワーゲンID.4 GTX マックス(英国仕様)

高速道路上でシステムがオンの場合、走行中にカーブが近いことをID.4が認識すると、自動的に80km/hへ減速する。ところが、殆どステアリングホイールを傾けずに通過できる、長く続く緩いカーブでも同様にスピードが落ちるのだ。

先行車が前触れもなく110km/hから80km/hへ減速したら、後ろのドライバーは驚くだろう。ID.4に乗っている筆者も、初めての時は混乱してしまった。

ボディ側面のブラインドスポット・モニターが、英国仕様の場合は標準で含まれないことも残念。クルマは充分に長く、Aピラーが斜め前方の視界を遮っているため、隣りにいる車両などを発見しにくい時がある。

車線維持支援システムにも改善の余地はある。高速道路では間違いなく効果的だが、郊外の一般道では車線の認識に苦労しているのがわかる。ID.4がピクピクと修正するように向きを変えたり、路肩や中央線へ接近しすぎるなど少し安定性に欠ける。

メーターパネルに「車線中央を維持してください」「ステアリングホイールを握って操舵してください」という警告も頻繁に表示される。警告音も鳴る。問題ないように思える状態でも。

記事に関わった人々

  • 執筆

    ジャック・ウォリック

    Jack Warrick

    英国編集部ライター
  • 翻訳

    中嶋健治

    Kenji Nakajima

    1976年生まれ。地方私立大学の広報室を担当後、重度のクルマ好きが高じて脱サラ。フリーの翻訳家としてAUTOCAR JAPANの海外記事を担当することに。目下の夢は、トリノやサンタアガタ、モデナをレンタカーで気ままに探訪すること。おっちょこちょいが泣き所。

長期テスト フォルクスワーゲンID.4 GTXの前後関係

前後関係をもっとみる

関連テーマ

おすすめ記事