フィアット・パンダ・クロス1.3マルチジェット

フィアット・パンダ・クロス1.3マルチジェット
2014年10月08日

■どんなクルマ?

ちょっと謎、と言うのが正直な感想。テストするフィアット・パンダ・クロスは今年初旬にジュネーブ賞でデビューした、英国のパンダにおけるトップ・グレードに位置するモデルだ。既に我々は0.9ℓツインエア・ガソリン版をテストしている。

見掛け倒しのオフロード仕様であるパンダ・トレッキングやパンダ4×4とは違い、こちらのパンダ・クロスは大柄のボディ・キットとともに、地上高は9mm上昇、マッド/スノー・タイヤを標準で装着し、トルク配分を変更してくれるセレクタブル・トラクション・コントロール・システムを採用した。

ノーマル・コンディションでは前輪駆動となるが、トラクションの低下を発見し次第、後輪にもパワーは伝達される。またヒル・ディセント・コントロールも追加される。

したがってオフロード性能では、コンパクトSUVであるフォード・エコスポーツやヴォグゾール・モッカ、スコダ・イエティのライバルとなる。また3705mmの全長と1662mmの全幅のおかげで、市街地ではフォルクスワーゲンUp!やセアト・ミー、スコダ・シティゴの直接的なライバルとなる。

万能型のクルマと言うことになり、今からのテストでも実用性や楽しさを兼ね備えていることがわかれば、そして値段も適切ならば、これ以上にない最高なクルマだと結論付けることも可能だ。早速見ていこう。

 
最新試乗記

人気記事