メルセデスAMG GT 詳細データテスト 純粋さを欠く動力系とハンドリング 気になる高周波ノイズ

公開 : 2023.07.01 20:25  更新 : 2023.07.04 00:56

メルセデスAMG最強の市販車となる800psオーバーのPHEVに期待は膨らみましたが、パワートレインはサウンドも力感も物足りなく、ハンドリングも冴えが足りませんでした。ジキルとハイドが妥協したようなクルマです。

はじめに

メルセデスAMGが50周年を祝った2017年のジュネーブショーで、ボスのトビアス・ムアースはSLSとGTに続く第3の自主開発スポーツカーを公開した。

メルセデスAMG GTコンセプトというネーミングは、アファルターバッハのモデルレンジにおいて、どのような役割を意図しているのかをはっきり示すものではなかった。それは、AMG専用車としては初の4ドアモデルだったのだが。

テスト車:メルセデスAMG GT63S Eパフォーマンス
テスト車:メルセデスAMG GT63S Eパフォーマンス

しかし、このクルマでもっとも興味深い点は、その実用性ではなくパワートレインだった。AMGで一般的な手組みのV8単体ではなく、パフォーマンス志向のハイブリッドで、しかも4WD。最高出力は800psをわずかに超えていた。

それから6年、メルセデスとAMGは別の方向を目指す会社のように感じられた。しかしついに、市販を公言していたAMGの電動化モデルであるスーパーハイブリッドが登場した。今回のGT 4ドアである。

賛否ある新型4気筒を積むC63に先駆け、2022年発売のGT63S EパフォーマンスはAMG初の市販PHEVとなった。AMGの量産車最強モデルでもあり、自社開発のハイパフォーマンスなバッテリーテクノロジーを採用。ハイブリッド駆動のコンセプトも、これまでのクルマには見られなかったものだ。

記事に関わった人々

  • 執筆

    リチャード・レーン

    Richard Lane

    英国編集部ライター
  • 執筆

    マット・ソーンダース

    Matt Saunders

    英国編集部ロードテスト・エディター
  • 翻訳

    関耕一郎

    Koichiro Seki

    1975年生まれ。20世紀末から自動車誌編集に携わり「AUTOCAR JAPAN」にも参加。その後はスポーツ/サブカルチャー/グルメ/美容など節操なく執筆や編集を経験するも結局は自動車ライターに落ち着く。目下の悩みは、折り込みチラシやファミレスのメニューにも無意識で誤植を探してしまう職業病。至福の空間は、いいクルマの運転席と台所と釣り場。

関連テーマ

おすすめ記事