フィアット・パンダにツインエアー最後の200台 限定車「パンダ・クロス・フォーバイフォー」

公開 : 2023.11.29 06:45

フィアットはツインエアー・エンジンの最終生産を受け、パンダ最後の限定車となる「パンダ・クロス・フォーバイフォー」を200台限定で発表しました。4輪駆動に6速MTを組み合わせ、その他特別装備も盛り込まれます。

フィアット・パンダ・クロス・フォーバイフォー

フィアットは、同社コンパクトクロスオーバーであるパンダの限定車「パンダ・クロス・フォーバイフォー」を、12月9日より、全国のフィアット正規ディーラーにて200台限定で発売すると発表した。ボディカラーの内訳は、フォレスタグリーン/マエストログレーの2色を設定し、各色100台となる。

本年10月末をもってツインエアー・エンジンの生産が終了になったことにより、当限定車が「パンダ」の最終モデルとなる。メーカー希望小売価格(税込)は、316万円。

フィアット・パンダ・クロス・フォーバイフォー
フィアット・パンダ・クロス・フォーバイフォー

「パンダ・クロス・フォーバイフォー」は「パンダ・イージー」をベースに、アウトドアシーンに溶け込むアイコニックな装備を盛り込んだ、6速マニュアル4輪駆動の限定車だという。

特別装備として、専用のルーフレール/バンパー/モールディングを設定した。また、通常モデルよりも1インチ大きい、15インチホイールとドライブモードセレクターの搭載により、様々な路面や気象状況に応じた走りを実現するとアナウンスされた。

さらに、限定車ならではのオリジナルシート/前席シートヒーター/プライバシーガラス/フルオートエアコン/リアパーキングセンサー/オートライト/レインセンサーを装備し、快適性や機能面を向上している。

なお、12月9日~10日に、全国のフィアット・ディーラーにおいて「フィアット・クリスマス・フェスタ」を開催する。今回の「パンダ・クロス・フォーバイフォー」を展示するほか、ウェブでの事前申し込みで、フィアット・オリジナル卓上カレンダーや、抽選で「レストランひらまつ」の食事券がプレゼントされるという。

記事に関わった人々

  • 執筆

    AUTOCAR JAPAN

    Autocar Japan

    世界最古の自動車雑誌「Autocar」(1895年創刊)の日本版。

関連テーマ

おすすめ記事