アルピーヌA110新型、国内最速試乗 4C/エリーゼよりもケイマン寄り

2018.08.04

新型A110、「買い」なのか?

というわけで新型A110、アルプスを駆ける超軽量スポーツというオリジナルの精神とスタイリングを受け継ぎながらも、都会の足にも使えそうな日常性を備えた、その気になれば毎日乗れそうなスポーツカーに仕上がっていると感じた。

いずれにせよ、日常使いできる高性能スポーツカーというカテゴリーで不動のポジションを確立しているポルシェの牙城に切り込める可能性を持ったクルマがフランスから登場したというのが、少々意外であり、痛快でもある。

それでいてA110、ちょっとヒルクライムにでも参戦してみるか、という気にさせそうなところも、アルピーヌの名に恥じない。

ポルシェの揺るぎない信頼感とバーターにライトウエイトの妙味を採ろうという勇気を持ったエンスージァストには、アルピーヌA110は「買い」だろうと思う。

アルピーヌA110プルミエール・エディションのスペック

価格 790万円
全長×全幅×全高 4205×1800×1250mm
最高速度 250km/h
0-100km/h加速 4.5秒
燃費 14.1km/ℓ(JC08モード)
CO2排出量
車両重量 1100kg
パワートレイン 直列4気筒1798ccターボ
使用燃料 ガソリン
最高出力 252ps/6000rpm
最大トルク 32.6kg-m/2000rpm
ギアボックス 7速オートマティック
 
最新試乗記

人気記事