いつまでもクレイジーな4台 ケータハム・セブン比較試乗 前編

2019.06.28

サマリー

誕生から40年以上経った今でも、ケータハム・セブンは際立っています。度重なるマイナーチェンジを受けてなお、少しも損なわれていない不思議な魅力とはなんなのでしょうか。仕様の異なる4台を比較して試乗してみました。

もくじ

ケータハムの魅力
セブンらしい資質
気難しいがドラマティックなエンジン
ローバーの協力
クルマに合ったエンジン
より大排気量なエンジン

ケータハムの魅力

ケータハムを巡る物語は、斬新なニューモデルを見い出す長い開発の旅路だ。それは、コリン・チャプマンの独創的なアイデアを追い求める40年に及ぶ歴史でもあるが、そもそも彼のアイデアが誕生したのは60年近く前だということを忘れてはならない。

グラハム・ニアーンのケータハムカーズが超軽量スポーツカーの製造販売権を手に入れた1973年以来、ケータハム・セブンは強いパワーを持つエンジンを積み、サスペンションとパワートレインの両方を洗練させ、進化し続けてきた。

ケータハムは、重量がかさむシリーズ4の生産は42台で終え、現在はシンプルなスペースフレームシャシーにアルミとグラスファイバーのボディを載せたS3を中心に製造している。Aフレームとコイル付きの2本のトレーリングアームから成るリアサスペンションは、ロータス・コーティナに用いられていたものと同じで、これがフォード製アクスルを支えている。

初期モデルはスタンダードのアクスルを装備していたが、ダゲンハム工場で製造された軽量でシンプルな英国製ユニットは、さまざまなファイナルレシオが用意されていた。フロントには、トライアンフ・ヘラルド/スピットファイヤーのアップライトと、チャプマン式のウィッシュボーンから構成されたサスペンションを搭載し、トップメンバーの一部としてアンチロールバーも装備した。

 
最新試乗記

人気記事