【SVOの世界へ】ヴェラールSVAダイナミック、FペースSVR 英国で磨かれた理想のSUV

【609psのハイブリッドクーペ】ポールスター1 ハンドメイドで1500台限定

2019.12.12

100字サマリー

プラグイン・ハイブリッドのスポーツクーペ、ポールスター1の量産モデルへ試乗しました。ボルボとポールスターが実現できる技術力を示した走るショーケースともいえ、グランドツアラーとして高い完成度を得ています。

もくじ

ボルボとポールスターの走るショーケース
EVとして128km走れつつA45並の加速も披露
注目すべき優れたコーナリング性能
グランドツアラーとしての確かな完成度
ポールスター1のスペック

ボルボとポールスターの走るショーケース

text:James Disdale(ジェームス・ディスデイル)
translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)

 
ボルボの新しいプレミアムEVブランド、ポールスターから登場した初めてのモデルがポールスター1。限定生産のハンドメイド・スペシャルだ。

ボルボとポールスターが実現できる技術力を示した走るショーケースともいえる。将来のクルマはどうあるべきか、ブランドの考えを示したクルマだ。今後3年間の間に1500台を、丁寧に組み立てられることになる。

ポールスター1
ポールスター1

パッと見は、ボルボS90の2ドアクーペ版に見えなくもない。しかし実態はまったく異なる。数ヶ月前にプロトタイプを試乗しているが、間違いなく2019年で最も興味深いクルマの1台だった。今回はイタリアで、完成した量産モデルでの試乗となった。

ポールスター1は触れるべきことが多い。基本骨格はスケーラブル・プラットフォーム・アーキテクチャ(SPA)で、そこに先進的な技術を詰め込んである。インテリアのデザインも、よくあるボルボらしい上質で控え目な北欧デザインとは異なる雰囲気を持つ。

ハンサムで目を引くボディは、手作業で折り重ねられる炭素繊維強化プラスチック(CFRP)製。軽量な素材だが、車重は2350kgもある。

フロントに搭載される2.0Lの4気筒ガソリンエンジンは、ターボチャージャーとスーパーチャージャーで過給。8速ATを介して前輪を駆動する。リアタイヤにはトルクベクタリング機能も叶える電気モーターを2基配置。それぞれリアタイヤを1本づつ回す。

さらにエンジンと8速ATの間にも電気モーターが配され、強力なスターター・ジェネレーターとして機能する。電気モーターは合計3基あることになる。

 
最新試乗記