ここが変わった 新型ジャガーXE 詳しく見る

ギャラリー

2013.08.26

栗原大輔

栗原大輔(Daisuke Kurihara)。1971年、埼玉県所沢市生まれ。26歳まではクラシックの歌手としてオペラなどに出演する仕事に従事。しかし病気により歌手活動を断念し、28歳から独学で絵の勉強を始めて現在に至る。絵のほか月刊誌へ紀行文の寄稿や、都立博物館や行政機関からの依頼でのりものイベントの企画を行なうなど幅広く活躍。このほか房総半島にあるローカル線いすみ鉄道の風そよぐ谷国吉駅という、日本のムーミン谷と呼ばれる駅の観光駅長も務める。9月からドイツの老舗筆記具メーカー・ファーバーカステル社日本代理店からの依頼で国内の画家・デザイナーに同社製品の使用を提案する活動を開始することが決定した。また同月に横浜市内の百貨店創立記念として「栗原大輔精密画展」(仮題)の開催が予定されている。なお、また栗原氏のホームページ”栗原大輔精密画美術館” (http://www.geocities.jp/kikansyaporuko/)では、これまで手掛けた数多くの作品のほか、製作過程や画材の説明なども公開されている。