トヨタ・カローラ・フィールダー・ハイブリッドGエアロツアラー

公開 : 2015.04.24 23:45  更新 : 2021.01.28 16:58

■どんなクルマ?

国内トヨタ車の売れ筋がアクアプリウスに移行したことで、現行11代目も発売当初は国内販売ランキングで10位前後をウロウロしていたカローラだが、一昨年夏のハイブリッド追加以降は5位前後に上昇している。

今回はマイナーチェンジとなるが、その内容は大規模。ご覧のようにフェイスまわりのデザインを大刷新したほか、ワゴンのフィールダーはリヤエンドも横長テールランプに宗旨替え。さらにハイブリッドとならぶ主力エンジンである1.5ℓも、アトキンソンサイクルの新開発ユニットに換装(CVTのFF車のみ)。これはヴィッツなどに積まれた新世代1.3ℓのストロークアップ版である。

ただ、それ以上に注目すべきは、トヨタが今年から一気に展開しはじめた事前察知安全性(最近は一般的にもアドバンスト・セーフティなどと呼ばれるようになってきた)技術の採用である。

カローラに搭載されるのは安価な “セーフティセンスC”。基本的に前を走るクルマの後ろ姿だけを感知する追突防止機能に限られる点は、他社でよく見られる赤外線式の低速オートブレーキと同じだが、トヨタの場合は赤外線センサーに単眼カメラを組み合わせて感知精度を向上。車速80km/hまで作動するのがアドバンテージ。トヨタとして「止まれる」と公言するのは対象物との相対速度差が30km/hまでとされるが、それ以上の速度域でも、止まれるかはともかくブレーキは作動する。

トヨタではこの自動ブレーキに “車線逸脱警告” と “オートマチックハイビーム” を組み合わせたパッケージとして提供。カローラでは上級〜中級グレードに標準装備。また、下級グレードでもオプション設定(5.4万円)されており、なにかしらのカタチで全グレードで装備可能としたのは素直に評価できる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事

      ×