メルセデス-AMG GT S

公開 : 2015.05.10 23:50  更新 : 2017.05.23 16:43

メルセデス AMG GTが本邦上陸を果たした。その成り立ちに関しては「徹底解説」を併せてお読みいただくとして、本稿ではプレス試乗会におけるインプレッションをお届けする。SLS AMGの後継と考えられているAMG GTの立ち位置を紐解くにあたって、今回の試乗会場がサーキットだったことは無視できない。メルセデスはこの新しいスポーツカーがストリートのみならずレーシングトラックにまで幅広く対応する純粋なスポーツカーであることをアピールしたいのだろうし、またAMG GTのレーシング・バージョンでもあるAMG GT3もすでに今年のジュネーブショーで発表されているので、その点においてもこのクルマはサーキットと縁が深いのである。

富士スピードウェイをAMG GTで全開走行する。今回そのドライビングを担当したのはレーシング・ドライバーの桧井保孝である。来シーズン、我が国のスーパーGTにデビューすることが予想されているメルセデスAMGの最新モデルを前に、現役のレーシング・ドライバーも興味津々というわけである。

メルセデスAMG GTのモデル・ラインナップは510psを発揮するAMG GT Sと462psのAMG GTの2車種からなる。両者はともに4ℓ直噴ツインターボV8を搭載し、トランスアクスル配置となる7速のAMGスピードシフトDCTをはじめとする基本的なスペックこそほぼ共通だが、前述の最高出力やリミテッドスリップデフの形式がAMG GTでは機械式だがGT Sでは電子制御式になるなど装備面での違いがいくつかある。AMG製のツインターボV8エンジンであるM178ユニットは、Vバンク内に2基のターボチャージャーを配置するという現行のメルセデスF1エンジンに通じる構造を持っている。そのベースとなっているパワーユニットが、量産車として世界最高のリッターあたり出力(180ps/ℓ)を誇るメルセデスAMG A45 4MATICに搭載される直列4気筒ターボ・ユニットという成り立ちを考えればGT Sの510ps(127.5ps/ℓ)すらかなり控えめなものに感じられる。テストできた車両は上級グレードのGT Sである。

 
最新試乗記

人気記事