ロータス・エリーゼ・カップ250 vs ロータス・エリーゼS1

公開 : 2016.06.23 05:50  更新 : 2017.05.29 19:30

けれどエリーゼ・カップ250は、たしかに車重は重くなったが、初代に比べると引き締まり、安定し、なおかつアグレッシブになっている。そして、この20年において、‘ロータスのクルマである’ というアイデンティティがまったくもって損なわれていない。

アスファルトを剥ぎとるようなグリップ力やモンスターのごとき加速などに目もくれず、ピュアなスポーツカーとは何かを追い求めてきた結果だろう。

2台を比較すると、年式ゆえ、(もちろん値段ゆえ)、どちらが優れたクルマであるかはいうまでもない。走らせる場所が、公道を重視しているか、あるいはサーキットを重視しているかという違いもある。

しかし、確かなのは、2020年に次期エリーゼが登場する際まで、現行エリーゼがフレッシュなモデルとして存在しつづける点。そして初代がいかに革新的なゲーム・チェンジャーであったかという2点だ。ロータスらしさが凝縮されたエリーゼを味わいたければ、初代を買ったとしても、必ず満足できるだろう。それも、小型ファミリー・ハッチを買う値段で味わえるのだから、最高といわずに何といおう。



▶ 海外初試乗 / ロータス・エリーゼ・カップ250
▶ カーレビュー / ポルシェ718ボクスターS vs ロータス・エリーゼ

関連テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

ロータスの人気画像