フェラーリ812スーパーファストに初試乗 F12 TdFの危うさ払拭 「最高のGT」と評価

公開 : 2017.06.27 19:50

多くのひとが、じつにポジティブな意見を残してくれた「フェラーリ812スーパーファスト」に試乗する機会を得ました。文章からも、サクレツ感が伝わると幸いです。疲れも湿気も吹き飛ばしましょう!

■どんなクルマ?

「8」は、800ps、「12」はV12

これほどわかりやすい車名はそうそうないだろう。フェラーリにとって、最上級GTとしても、FRのV12モデルとしても最新作となるこのクルマ、「スーパーファスト」とは、そのものズバリのネーミングだ。

「12」はもちろんエンジンの気筒数で、先代のF12でもその名に織り込んだ数字である。もちろん、740psのF12が「スーパーファスト」なクルマじゃなかったわけではない。しかし、それを超えたという自信が、こんな命名をマラネロに決意させたのだろう。

そう、残る数字の「8」は、800psという超弩級の出力を示している。かつてスーパーカーの公称出力は「ウソ800馬力」などと揶揄されたものだが、今回は正真正銘の800ps、だと思う。

フェラーリのチーフテストドライバーであり、開発主査でもあるラファエル・デ・シモーネは、いったいどれだけパワーがあれば満足するのだろうか。

「コントロールさえできれば、いくらあっても、これで十分ということはないですね」

たしかに。コントロールは大事だ。それができていないとどうなるかは、F12 TdFの780psで思い知った。

F12 TdFで味わった恐怖

あのピーキーで御しにくい限定モデルは、その出力が頂点に近付くと、ドライバーもクルマのシステムそのものも混乱させるような後輪ステアを持つシャシーのキャパシティを完全に超える。まるで、実際の倍くらいパワフルなクルマに乗っているように感じられたものだ。

フェラーリが「ヴァーチャル・ショート・ホイールベース」と呼んだこのシステムだが、実際には謳い文句と正反対のことをする。

前輪と同位相にしか操舵できないそれは、極太のフロントタイヤを装着して意図的にバランスを崩したシャシーのスタビリティを補完するのが狙いなのだ。

しかし、その目論見はほぼ失敗に終わっている。その前輪グリップは曲がりたがる性格を生み、F12 TdFは極めて敏捷に感じられるが、ここにパワーの上乗せが加わると、活発さが極端に高まるのだ。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

フェラーリの人気画像

×