ランボルギーニ・アヴェンタドールS/ウラカン・ペルフォルマンテ サーキット試乗

公開 : 2017.08.28 16:10  更新 : 2018.01.02 11:47

ランボルギーニは、富士スピードウェイで、とても贅沢な試乗会を開催しました。主役は、アヴェンタドールS/ウラカン・ペルフォルマンテ。ドライバーは吉田 匠さんです。刺激的な記事と写真をお楽しみください。

■もくじ

どんなクルマ?
アヴェンタドールSの脅威
ウラカン・ペルフォルマンテのしたたかさ

どんな感じ?
アヴェンタドールS サーキット試乗
ウラカン・ペルフォルマンテ サーキット試乗

「買い」か?
アヴェンタドールS/ウラカン・ペルフォルマンテ どっち?

■どんなクルマ?

アヴェンタドールSの脅威

富士スピードウェイでランボルギーニの国際ワンメイクレース、スーパートロフェオが開かれた日の翌日、そのフルコースのピットには、今日の同社を代表する2種類のミドエンジンスポーツカーが3台ずつ並べられていた。12気筒のアヴェンタドールSと、10気筒のウラカン・ペルフォルマンテである。

去年、アヴェンタドールからアヴェンタドールSに進化したランボルギーニのフラッグシップは、今や世のスーパースポーツのなかでもレアな自然吸気6.5ℓV12エンジンのパワーを700psから740psに増強して、パフォーマンスの更なるアップを図った。

結果としてアヴェンタドールSは、7段シングルクラッチ2ペダルトランスミッションを介して0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速8.8秒、0-300km/h加速24.2秒、最高速350km/hオーバーという、驚異的なパフォーマンスデータを公表するに至っている。

と同時に、ノーズをはじめとするボディスタイリングや、カーボンモノコックの前後にアルミのサブフレームを備えるシャシーも手が入れられたが、なかでも特記すべきは4WS=4輪ステアシステムの採用だ。

それは、後輪を低速では逆位相に切って俊敏性を高め、高速では同位相にステアして安定性を高める、というもの。ちなみに駆動系は4WDである。

一方のV10モデルはウラカン・ペルフォルマンテ。

 
最新試乗記

人気記事