AMG GTの新顔「GT C」に試乗 ライバル、911ターボよりアストンか

公開 : 2017.09.15 11:40  更新 : 2017.09.15 16:29

どんな感じ?

Rよりフレンドリーなマッスルカー

Cモデルは、GTレンジにおける上位に位置するモデルである。このモデルはRモデルのように、ワイド化されたリアトレッドを収める為にワイドボディを纏う。しかし、サスペンションへの変更は基本的に行われず、ワイドなホイールを装着することで対応している。そして、Rモデルにならいアクティブ・リアステアリングを装備し、多くの実戦装備を施している。

以前のほとんどのAMGは、直線では元気だが、コーナーでは若干の洗練をみせるに過ぎなかった。AMGは、ドイツ車のホットロッド・メーカーともいえたが、今日のAMGは変貌を遂げている。もちろん、直線では相変わらず快音を轟かせ元気一杯である。大人しくなったのではと心配する必要はない。

AMGのターボエンジンへの移行は、そのサウンドを犠牲にはしていない。低回転域では、パワートレインを伝わり突き上げるような感覚があり、積極的なドライビングモードを選択した時に、それは予測の付かない轟きを上げる。それは、アクセル全開時のアメリカン・マッスルカーのように高揚し、花火大会の大詰めのようなクライマックスを演出する。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事