回顧録 日産GT-R vs ポルシェ911 vs アウディR8 後編

公開 : 2018.04.21 11:10

RRの優れたトラクション

混乱したエルゴノミクスのその先に目を向けてカレラSを運転し始めれば、今でもこのクルマは数少ない真の実力を備えているからこそ残念で仕方がない。その魅力の素晴らしさを、今さらあえて説明する必要はないだろう。

確かにステアリングのフィールはひと頃ほど繊細ではなくなったかもしれないし、荒れた路面でのタイヤノイズは19インチのホイールとミシュラン・パイロットスポーツのタイヤを履いているとかなり耳ざわりだが、正確な走りと見事な動力性能はまさに「ポルシェかくあるべし」という素晴らしいものだ。

加速性能は十分すぎるほどで、それには911伝統のリアエンジンならではのトラクションもおおいに貢献している。R8を抜き去って追いつかせないだけのものがあり、これはポルシェにとっては重要な大躍進と言っていいだろう。

PDKシステムのギアチェンジ性能も、シフトボタンさえ気にならなくなれば実に素晴らしいレベルにある。これのおかげでカレラSのドライバーは、手動でシフトレバーをこねくり回さねばならないうえに、時にゲートに指を挟むこともあるR8のドライバーより圧倒的な優位に立てる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記