ロードテスト フォルクスワーゲンUp! GTI ★★★★★★★★☆☆

2018.05.13

 

はじめに ▶ 意匠と技術 ▶ 内装 ▶ 走り ▶ 乗り味 ▶ スペック ▶ 結論

購入と維持 ★★★★★★★★★★

1万4000ポンド以下から買えることを考慮すれば、Up! GTIは「買いたい」と「買える」のバランスが取れた、喜ぶべき1台だ。これは真のホットハッチであり、フォルクスワーゲンならではのリッチなマテリアルをふんだんに用いながら、価格は90psのヴォグゾール・コルサをやや上回る程度で、アバルト595やルノー・トゥインゴGTよりは安い。

燃費も優れている。2018年にあってさえ、ツーリング燃費が18km/ℓに迫るクルマはそうそう見つからない。Up! GTIならそれが可能で、たいていのドライバーが14km/ℓを下回ることはないだろう。

保険料も、特に若いオーナーには無視できない要件に違いない。英国で言えば、アバルト595よりは料率が低いものの、トゥインゴGTよりは高い。

オプションリストは短いので、取捨選択で頭を悩ませずに済む。オートエアコンやプレミアムオーディオ、サンルーフ、リアビューカメラやクルーズコントロールといったところが主なアイテムだ。お好みで選べばいいが、どれも必須の品とは思えない。

価値の推移

ライバルより安価なUp! GTIだが、寝落ち幅は少ない。

 
最新試乗記

人気記事