長期テスト ヒュンダイi30 N(1) ファースト・インプレッション

公開 : 2018.07.04 15:10

ヒュンダイのパフォーマンス・ブランドであるNの名を冠した最初のモデルは、i30をベースにしたホットハッチです。元BMW Mのアルバート・ビーアマンが手塩にかけて磨き上げてきたこのモデルは、長期テストでどのような姿を見せてくれるのでしょうか?

もくじ

Nブランド初のモデルはホットハッチ
星3.5 ライバルたちは強力
パフォーマンスとルックス 装備は充実
ファースト・インプレッション 思わぬ出来事
セカンド・オピニオン
テスト車について
追加した装備一覧
テストの記録

Nブランド初のモデルはホットハッチ

パフォーマンス・ブランドとしてNの名が発表されたのは4年以上前だが、以降、ヒュンダイのWRCでの活躍によって、平凡なファミリーカーとしてよく知られたこのクルマは、経験や多くの賛辞とともに、もはや平凡とは言えない実力を身につけた。

ブランド立上げから1年も経たないうちに、ヒュンダイは車両テストとハイパフォーマンスモデル開発の責任者としてアルバート・ビーアマンを招聘したが、BMW Mのエンジニアリングから彼を引き寄せたのがNだったことは間違いない。着任以来、ビーアマンはこのi30 Nの開発に情熱を傾けており、最終的にこのクルマは、ヒュンダイ・グループであるキアのスティンガーGTなどとともに、Nブランドを構成する1台になる。

思い付くだけでも、フォルクスワーゲン・ゴルフGTI、プジョー308 GTiにホンダ・シビック・タイプRといった、既に名声を築き上げた多くのライバルがひしめくホットハッチ界に、大胆にもヒュンダイは、新たなモデルで挑もうというのだ。

幸先は良かった。昨年初めにプロトタイプのi30 Nのステアリングを握ったマット・ソーンダースは「ヒュンダイの新たなパフォーマンスカーに対する思いは真剣だ。われわれが知るホットハッチを名乗るに相応しい、本物の新たなドライバーズカーが創り出されようとしている」とコメントした。

 
最新試乗記