ブガッティ 通算100台目の「シロン」を納車 3.6億円

公開 : 2018.05.24 15:10

ブガッティのファクトリーから、通算100台目となる「シロン」がラインオフされました。外観は、ダークブルーのカーボンをマット・フィニッシュしていると言います。内装は赤のレザーシート。カスタマイズを含めた車両価格も発表!

車両価格3億6485万円

ブガッティは、記念すべき100台目のシロンをカスタマーに納車した。

2016年からブガッティの本拠、モルスハイムにある「L‘Atelier(アトリエの意味)」でハンドビルドされてきた1500psのハイパーカー。通算100台目の個体は、アラビア半島の顧客がオーダーしたもので、こだわりの1台となっている。

外板はすべてダークブルーのカーボン。シロンとして初のマット仕上げだ。ブガッティのアイコンでもあるボディサイドのラインは、イタリアンレッド。ホイールはあえて対照的なミンクブラックを選んだ。

フルレザーのインテリアは赤一色。その車両価格は、およそ285万ユーロ(3億6485万円)と発表されている。


ステファン・ヴィンケルマンCEOは、「100台目のシロンの誕生はたいへん喜ばしいことです。ダイナミックでありながら、エレガンスを併せ持つこの1台は、比類なきクラフトマンシップに裏打ちされ、高度にインディビジュアライズされたマスターピースを、ブガッティが生み出せることを証明しています」とコメントしている。

ブガッティは現在、シロンの生産をフルスピードで取り組んでおり、毎年70台がファクトリーから巣立っている。なおシロンの生産台数は500台限定と発表されている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事