レクサスLS600h-Lプレミア

公開 : 2013.03.14 18:18  更新 : 2017.05.29 19:24

■どんなクルマ?

5代目社長である豊田英二が、欧米のライバルに対抗できうるラグジュアリー・カーを作るように号令をかけてから30年の時が流れた。その結果生まれた最初のレクサスは、6年間の開発期間と、450ものプロトタイプを基に造られたモデルだった。そして、それはアメリカで成功を収めることになる。

現在、4回目のフェイスリフトを受けたレクサスLSだが、ヨーロッパの本当のラグジュアリー・モデルに肩を並べるまでには至っていない。しかし、トヨタのフラッグシップを販売するために、まじめにその微調整に取り組んでいるのも事実だ。

今回、僅かに肉感的になったオーバーハングやヘッドランプのアップデート、赤外線を使って乗員の顔の温度を測って設定に反映させる4ゾーンのエアコン、そしてマルチフェースのLEDライトニングなどが、99,495ポンド(1,420万円)のレクサスLS600h-Lプレミアに標準装置となっている。

■どんな感じ?

ロング・ホイールベースを持ち、389bhpの5.0ℓV8ガソリン・エンジンと、221bhpの電気モーターというハイブリッド・ユニットを搭載。そして、4輪駆動というシャシー・レイアウトはそのままだ。その重さは2トン半近くではあるが、E CVTトランスミッションを介する0-100km/h加速は6.1秒という俊足ぶりを示す。

サスペンションは、プログレッシブなリバウンド・レートを持つスプリングに変更され、マルチリンクのブッシュも硬くされた。これは、ボディ・ロールを少なくするためにとられた手法だ。そして、5つのモードが選択できるニュー・ドライブ・セレクト・システムも備える。

その着座位置はどのライバルとくらべても高いので、多くのショファーは、その大きさに比較して運転しやすいと感じるはずだ。

しかし、そのステアリングは修正されたとは言え、入力に対して調和性が良くない。その売り物である4WDシステムは高いグリップを生み出してはいるが、それは結局誰にもわからないようなもの。尤も、マーク・レヴィンソンのオーディオ・システムに耳を傾け、本革シートに座ってマッサージをされているリアのパッセンジャーにとっては、そんなことは関係ないことなのかもしれない。

但し、オットマン・スタイルのシートに座っているパッセンジャーにとっても、その振られるような乗り心地には少し不満があるかもしれない。ジャガーXJやメルセデスのSクラスは路面との調和を大事にセッティングされているが、レクサスLSは少し軽率な感じがするのだ。

確かに静かで吸収力はあるのだが、英国の波打った路面が連続するような道では、その神経質な動きから逃れることができなかった。

■「買い」か?

そのセットアップに関しては主観的なものかもしれないが、現実問題としてはまず価格が気にかかる。4.2ℓのTDIエンジンを搭載したアウディA8は、レクサスよりも20,000ポンド(290万円)も安く、CO2排出量も1g/km少ない198g/km。しかも燃費は13.3km/ℓと1.7km/ℓも良い。逆に、15,000ポンド(215万円)高くなってしまうが、メルセデスのS600Lは、更にラグジュアリーなモデルである。

(ニック・カケット)

レクサスLS600h-Lプレミア

価格 99,495ポンド(1,420万円)
最高速度 250km/h
0-100km/h加速 6.1秒
燃費 11.6km/ℓ
CO2排出量 199g/km
乾燥重量 2440kg
エンジン 直列6気筒4969cc+モーター
最高出力 439bhp/6000rpm
最大トルク 53.0kg-m/4000rpm
ギアボックス E-CVT

関連テーマ

 
最新試乗記