英国の見方 ホンダCR-V ハイブリッドAWD試乗 実用性に優れたファミリーSUV 7人乗りが選択できないのが課題

公開 : 2018.11.20 11:10

CVTとEVの中間 7人乗りは選べず

CR-Vのハイブリッドパワートレインのフィールは、騒々しいCVTと完全に無音なEVの中間とでもいうべきものであり、1.5ℓガソリンエンジンよりもさらに洗練されている。

ハイブリッドシステムにより増えた車重も、乗り心地に悪影響を及ぼしてはおらず、依然として静かで快適なものだが、クラスベストのライバルと同じレベルにあるというわけではない。

それ以外の多くの部分で、ハイブリッドとガソリンモデルの違いはほとんど分からない。ファミリーSUVのセグメントにはスタイリングで個性を主張するモデルが溢れており、その点でCR-Vはやや退屈な印象を与える。

ホンダが誇るハイブリッドスーパーカー、NSXと同じダッシュマウントのギアシフトボタンをもつキャビンは広く、装備も充実している。デジタルメーターの表示内容も豊富で、走行モードの切り替えを瞬時に表示させることも可能だが、そのグラフィックデザインはやや時代遅れな感じだ。

今回テストした中間グレードとなるSRでは、レザーインテリアとキーレスエンジンスタート、パーキングセンサー、リアビューカメラ、ブラインドスポットモニタリングに7インチスクリーンを持つインフォテインメントシステムが標準となる。

低速衝突防止、レーンキープアシスト、アダプティブクルーズコントロール機能をもつ安全運転支援システム、ホンダ・センシングもすべてのCR-Vで標準だが、ガソリンモデルとは違い、7人乗りの設定はない。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

人気記事