登場 新型メルセデス・ベンツCLA より長く幅広に CLA45/CLA35もつづく

公開 : 2019.01.09 09:32  更新 : 2019.01.09 11:44

情報が小出しにされていた新型メルセデス・ベンツCLAが登場しました。CESで発表されたモデルはCLA250。これにシューティングブレークやメルセデス-AMG CLA45/CLA35がつづきます。長く、幅広になり、1.3〜2.0ℓのガソリン/ディーゼルを搭載。

もくじ

もっともダイナミックなクルマ
新型CLA 駆動方式/エンジン
ボディサイズ拡大 デザインの変化
内装の変化 技術的な進化は

もっともダイナミックなクルマ

メルセデス・ベンツは、ロサンゼルスで開催中のコンシューマー・エレクトロニック・ショー(CES)で発表された新型CLA(2代目)について、こう説明する。

「コンパクトカーのニュー・ウエーブとして、もっともダイナミックなモデルとなることを約束します」

新型CLAが基本とするのは先代のプラットフォーム。これを改良して採用する。技術面は新型Aクラスのそれを使用。ざっくりと言ってしまえば、そういうことになる。以下で詳しくみていこう。

新型CLA 駆動方式/エンジン

駆動方式はFFと4WDの2種。リア・サスペンションは2種類から選ぶことができるという。

CESにて披露されたのは「CLA250」を名乗るモデルで、これは直列4気筒2.0ℓガソリンエンジンが生みだす224psの出力は、7速オートマティック・ギアボックスを介してタイヤへと伝わる。

そのほかのパワートレインはAクラスのそれを踏襲すると思われる。つまり、
・1.3ℓガソリン(133ps/163ps)
・2.0ℓガソリン(190ps)
・1.5ℓディーゼル(116ps)
・2.0ℓディーゼル(150ps/190ps)
という欧州ラインナップが予想される。

リア・アクスルは独立懸架方式のマルチリンクを採用。オプションにて可変ダンパーを選べる。ホイールは16〜19インチのあいだで用意される予定である。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

メルセデス・ベンツの人気画像