実車 新型ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル 2818万円〜

公開 : 2019.01.31 19:45  更新 : 2019.01.31 19:47

新型ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブルが、日本発表。クーペ仕様が備えるパフォーマンスはそのままに、オープンエアを楽しめる最高のグランドツアラーです。ルーフ開閉の連続写真など画像50枚でご紹介します。

text&photo: Kazuhide Ueno(上野和秀)

もくじ

3代目コンチネンタルGTコンバーチブル
ソフトトップ開閉 19秒
パーソナライゼーション/価格/納期
コンチネンタルGTコンバーチブル スペック

3代目コンチネンタルGTコンバーチブル

ベントレー創業100周年となる2019年の始まりに、日本のラインナップに加わったのが新型コンチネンタルGTコンバーチブルだ。世界最高峰のグランドツアラーとして君臨するベントレーのコンチネンタルGTが3代目に進化。オープンモデルの新型コンチネンタルGTコンバーチブルが一足遅れて2018年11月に発表されたのはご存じのとおり。本国のデビューからわずか3カ月後に日本でもその姿が披露された。

このたび日本でお披露目された新型は、歴代モデルと同様にクーペボディを持つ「コンチネンタルGT」をベースとした、4シーターのオープンモデルである。最高出力635ps、最大トルク91.7kg-mを発揮する6.0ℓ W12気筒エンジンには8速デュアルクラッチ・トランスミッションが組み合わせられ、0-100km/h加速は3.8秒。最高速度は333km/hに達する圧倒的なパフォーマンスを誇る。

ベントレーの特徴で安定した走行性能を約束する全輪駆動システムも大幅に進化している。先代では前後のトルク配分が40:60だったが、新型では路面状況に応じて前後のトルク配分が変化するアクティブ全輪駆動システムに進化した。

関連テーマ

人気テーマ