長期テスト ホンダ・シビック(最終回) 往年のホンダらしい1台

2019.02.15

往年のホンダらしい 一押しモデル

このクルマのハンドルを握った者が皆、降りると感想を熱く語っていたのは印象的だった。まず乗り込むと着座位置が低く、スイッチ類のロジカルなレイアウトが好印象。ギアレバーはしっくりくる設計で、なめらかなシフトフィーリングは美点だ。

何より良かったのはステアリングだ。理想的な重さで、操作すると喜びがあふれてくる。4人乗りのファミリーカーとして室内空間は十分以上だった。トランクルームも広く、フロアの機能は極めて優秀だった。

インフォテインメントシステムには多少難があり、リアウインドウを横切るバーのせいで視認性もいまいちだ。しかし、SRグレードならリアビューカメラがついているので、そこまで気にならなかったことも付け加えておこう。

このクルマは半ばスポーツカーのような、往年のホンダを思い出させる。細かいところまで作り込まれ、強固なのだ。振り返れば、ホンダの小型バイクは驚くほどスポーティなマシンを軽くチューニングしたような出来で、このクルマからも同じような印象を受けた。まるでデチューンされたタイプRのようだ。

ということで、進化度合いは測るまい。このシビックはすばらしい一押しのクルマだ。もう一度乗りたいかって?もちろんだ。

 
最新試乗記

人気記事