長期テスト アウディTT RS(6) TT Sでもよいのでは、と思えてきた

2019.02.26

サマリー

アウディTT RSの長期テスト、第6回です。TT RSを購入して1万3000kmを超えたあたりから、担当者は、TT Sでもようのでは? と思えてきたようです。そこで比較試乗を敢行。その後の結論は?

積算1万2641km レーンアシストの進化感じる

以前のアウディに搭載されていたレーンアシスト機能はまるで使えなかった。数年前にテストしたTTは、白線は認識しているにしろ、その間をふらふらし続けていたからだ。

しかし今では、ハンドルに手を添えておくだけで後はクルマ任せでもまっすぐに走るようになった。

ただ、この機能は12秒間しか使えず、入力を求めてくる。どちらがいいものやら。

積算1万3403km TT RSのライバルはTT S

TT RSについてどれほどの先入観を持っていようと、これほどの万能さを持った存在を他で探すのは難しい。

406pのパワーや四輪駆動システムばかりではない。好ましい2ドアのスタイリングやコンパクトなホイールベース、実用的なトランクルームのすべて備えているのだ。

BMW M2やポルシェ718ケイマンといった例外もあるが、長らく大半の主要メーカーがこのセグメントを見放してきた。結果的に、TT RSのライバルはアウディ内から出てくることとなった。TT Sだ。

TT Sでも十分? エンジンはゴルフRと共有

当然ながら、TT Sの一番の優位性は価格だ。6速MTのクーペで4万1205ポンド(591万円)から手に入る。RSの最低価格と比べ、なんと1万1000ポンド(158万円)も安いのだ。

オプションのデュアルクラッチDSGを選択してもまだ1万ポンド(138万円)差で、搭載されるのはゴルフRにも搭載される309psの2ℓターボエンジン。楽しさは疑いようもない。

一方、スタイリングパックは控えめになり、固定式スポイラーや押しの強いハニカムグリルは装着されないのも事実だ。

借りだしたTT Sはナロ・グレーで、RSでは選択することができないカラーだ。とはいえ個人的には、伝統的なカラーの方が好ましく感じられる。

 
最新試乗記

人気記事