戦いの場から公道に舞い降りたモンスターマシン 22選 前編

公開 : 2019.04.28 05:50  更新 : 2021.03.05 21:42

22:フェラーリ250 GTO(1962年)

グループ3のグランドツーリングカーレースへの参戦を目的としたフェラーリだが、3.0ℓV12ティーポエンジンを積むこのクルマが参戦を果たすには、100台のロードゴーイングバージョンを作り出す必要があった。

実際の生産台数は39台に過ぎなかったが、バラバラなシャシー番号を用いることで、フェラーリではホモロゲーションを取得しており、250 GTOの存在は、フェラーリに1962年から64年まで、3年連続でのGTクラスのマニュファクチャラーズタイトルをもたらしている。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

人気記事

        ×