ロードテスト トヨタ・カローラ ★★★★★★★★☆☆

公開 : 2019.06.22 09:50  更新 : 2021.01.28 16:58

結論 ★★★★★★★★☆☆

「クルマの根源的な部分が大きく進歩し、さらにハイブリッドシステムも改善をみた」


カローラの名の復活は、それが英国で生産される日本メーカーの中型ファミリーカーにとって、新世代モデルにおける最大の変化だったなら、トヨタディーラーの関心を揺さぶる原因にはならないだろう。しかし、このカローラは、先代にあたるオーリスとあまりにも違いすぎるクルマとなった。

ルックスはグレートだ。キャビンは広く、装備は充実し、仕上げのクオリティも目を引くものがある。経済性も、価格面の競争力も優れたものだ。乗り心地やハンドリングには、控えめながら明らかに高い洗練度をみせる運動性があり、トヨタがいかに真剣に、走りにうるさいドライバーを取り込もうとしたかがうかがい知れる。

そうしたドライバーが評価するのは、無条件のパフォーマンスレベルやレスポンス性、そしてこのカローラの2.0ℓパフォーマンス・ハイブリッドの円熟度だ。とはいえ、走りを追求するとなれば、このクルマの活発さにやる気を刺激されるのと同時に、自分の求めるレベルの操縦性が見出せず疎外感を感じることもあるだろう。

変わったものもあれば、明らかには変わらないものもある。ともあれ、欠点に目をつぶってでも、このカローラは見過ごせないクルマになったといえる。

担当テスターのアドバイス

マット・ソーンダース

このパワートレインが、これまで乗ったトヨタのどのハイブリッドよりも感じさせた二面性には、どことなく感じるものがある。国中を走り回り、多くのエネルギーを回生で得て、駆動用バッテリーがフル充電の状態で市街地の渋滞をEV走行できる。これぞ21世紀、といった感じだ。

サイモン・デイヴィス

オーリスは、現在のハッチバック市場でみれば先祖返りのようなクルマだった。対して新型カローラは、確立されたブランドの重要性に気づいたひとびとが生み出したのだろう。もっともっとポピュラーになれる価値のある名跡だ。

オプション追加のアドバイス

ハーフレザーシートやプレミアムオーディオは、最上級グレードのエクセルに専用設定されるが、デザイングレードで、ホイールは標準装備の17インチ仕様が絶対にいい。545ポンド(約8.2万円)のメタリックペイントは、お好みの色があれば選んでほしい。

改善してほしいポイント

・インテリアの色合いやトリムのバリエーションをもっと豊かにしてほしい。
・パドルシフトを、マニュアルモードを名乗るにふさわしいものにしてほしい。
・シャシーの実力を遺憾なく発揮できるよう、GRMN仕様を設定してもらいたい。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事