ロードテスト トヨタ・カローラ ★★★★★★★★☆☆

公開 : 2019.06.22 09:50  更新 : 2021.01.28 16:58

使い勝手 ★★★★★★☆☆☆☆

インフォテインメント

これはトヨタ・カローラだけに、インフォテイメントシステムは極めてシンプルである。全車とも8.0インチのディスプレイをセンターに配するが、上位グレード3機種のどれかを選べば、システムがタッチ2からタッチ2ウィズ・ゴーにアップグレードされ、純正ナビやボイスコントロールもついてくる。

市場を見回しても、ヴィジュアル的な魅力でこれを上回るものはザラにある。メニュー画面は並といったところで、マップのディテールは物足りず、もっと楽にプログラムできたはずだと思わせ、タッチ操作に対しては常になにがしかの遅れがある。ただし、ディスプレイ両脇に並ぶショートカット用の実体スイッチによって、使いたい画面へスキップできる。また、音量やチューニングのつまみも使い勝手を高めてくれる。

オーディオは、デジタルラジオチューナーと6スピーカー、外部入力とUSBポート、Bluetoothストリーミング機能を標準装備。ただし、スマートフォンのミラーリング機能を持たないのは大きなデメリットだ。8スピーカーのプレミアムオーディオは、最上級グレードの2.0ハイブリッド・エクセルにオプション設定されるが、テスト車には装着されていなかったので、実力のほどは未知数だ。

駐車

燈火類


今回は試す機会がなかったものの、LEDヘッドライトが標準装備される。

ステアリングとペダル


A/Bペダルの配置は理想的で、ステアリングコラムの調整幅は大きい。ブレーキペダルは、2ペダルの割には小さいが、とっさのときに誤操作してしまうほど小さいわけではない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事