エネルギーの小さな塊 試乗 アバルト595エッセエッセ アバルト誕生70周年

2019.07.18

1.4ℓ4気筒ターボから180psを発生

カーボンとは対象的に、目を凝らすと安っぽいプラスティック製の部品も目に入るものの、それ以外は不満を感じないレベルの品質にまとまっている。インスツルメントパネルにはTFT液晶モニターが収まり、ステアリングコラムの左側には大きなブースト計が追加されている。好みは分かれそうだが、595エッセエッセのホットな楽しい走りを表現するという意味では、うまくコーディネートされているといえる。

ずんぐりとした短いボンネットの中には、いつもの180psを発生させる1.4ℓ4気筒ターボエンジンが収まる。エアフィルターはBMC社製のハイフロータイプを通して勢いよく息を吸い、アクラポビッチ製のマフラーから元気よく排気される。左右2本のマフラーフィニッシャーもカーボンファイバー製だ。

エンジンのパワー自体は595コンペティツィオーネと変わりはない。しかしエッセエッセはブレンボ製のキャリパーに、フロント側には305mmという大径ディスクを装備。リミテッドスリップデフも装備されている。サスペンションも基本的には同一で、ダンパーはコニ製の無段階調整式。

すべて間違いない装備だといって良いだろう。早速フィアットのお膝元、トリノの街へと繰り出そう。

 
最新試乗記

人気記事