ロードテスト メルセデス・ベンツCLA ★★★★★★☆☆☆☆

公開 : 2019.08.31 11:50

操舵/安定性 ★★★★★★★☆☆☆

CLA250のハンドリングは、ある程度まではメルセデスのダイナミクスにおける売り文句に即したものだ。少なくとも、パフォーマンス面よりは納得できる。強烈なグリップの恩恵には預かっていないが、持てる限りをうまく使っている。

サスペンションはピッチやロールを効果的に抑え、シャシーは並外れて鋭い方向転換をみせる。ほどほどのスロットル開度なら、グリップのバランスも上々だ。急激に大きなトルクを前輪にかければ、そのグリップを破綻させるのも簡単なのだが。

高性能なアダプティブダンパーを備えていれば、もっといい走りをしたはずだ。
高性能なアダプティブダンパーを備えていれば、もっといい走りをしたはずだ。    Luc Lacey

このクルマに設定されるホイールは1サイズのみで、ダンパーはパッシブが1種類だけ。英国仕様はAMGラインのみの設定だが、より大径のホイールやアダプティブダンパーはAMGモデルまでおあずけ。

つまり、走行モードセレクターによりパワーステアリングの手ごたえやパワートレインのチューニングは好みに合わせられるが、ハンドリングや乗り心地、ボディコントロールは、走行中でもガレージでも調整することができないというわけだ。

メルセデスにとって不運なのは、これがよくできたアダプティブダンパーが装備されていれば、英国のB級道路によくあるような荒れた舗装でスピードを出しても、上々の走りをしたであろうクルマだということだ。

CLAのセッティングをハード方向に振ろうというシュトゥットガルトの決定により、乗り心地の落ち着きが多少犠牲にされ、縦方向のボディコントロールは過敏で激しいものとなった。高速道路の速度域では、不安定で滑らかさに欠けることもある。

このクルマのフィーリングがもっともナチュラルなのは、コンフォートモードを選んだときだ。スポーツモードではステアリングの手ごたえがやや重すぎるが、それを許容できるほどのフィールは得られない。

関連テーマ

人気テーマ

 
最新試乗記

人気記事