ロードテスト BMW X4M ★★★★★★☆☆☆☆

公開 : 2019.11.24 11:50  更新 : 2019.12.10 17:53

内装 ★★★★★★★☆☆☆

インテリアを構造的に見れば、M仕様でないX4と大差ないが、それは決してマイナス材料ではない。BMWでお馴染みの、高級素材とユーザーフレンドリーさはここにも健在で、その上でパフォーマンスカーらしいデバイスが追加されている。

テスト車には、オプションのカーボンパネルが、スマートなピアノブラックに加えて張り込まれ、M仕様のゴツいシフトセレクターレバーがセンターコンソールに屹立する。

M1/M2と記された赤いボタンは、好みに調整した各部の設定を即座に呼び出せるメモリースイッチだ。
M1/M2と記された赤いボタンは、好みに調整した各部の設定を即座に呼び出せるメモリースイッチだ。    OLGUN KORDAL

太いリムのステアリングホイールは、スポークの上部に設置されたふたつの赤いボタンが目を引く。M1/M2と記されたそれは、好みに調整した各部の設定を即座に呼び出せるメモリースイッチだ。

ガッチリとしたスポーツシートは、サポート部が大きく張り出し、見栄えのいいキルティングレザーで覆われる。アジャスト性もサポート性もエクセレントだ。フロントシートは適度に低いが、力強いリブが走るボンネット越しの前方視界を損なうほどには寝かされていない。

テクノロジーやパフォーマンス面の演出、高級感のいずれも不足はほとんどない。これまでのハイパフォーマンスなBMWに対し、ルックスもフィーリングも大幅にステップアップしている。

ただし、X3と比べれば、X4は傾斜したルーフの弊害がはっきりと感じられ、それはMコンペティションでも変わらない。とくに、リアシートのそれは顕著だ。ヘッドルームは920mmで、昨年テストしたX3より55mm減少している。また、レッグルームはマイナス30mmの720mmで、こちらはMモデルのスポーツシートに起因するものだ。

荷室容量は通常時が525Lで、X3比では25Lの減少。最大時には1430Lとなる。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 
最新試乗記

BMWの人気画像