【新型モデルの登場はいつ?】英国版2020年新車カレンダー 今年も豊作に期待 7月~9月

公開 : 2020.01.26 06:50

ピニンファリーナ・バティスタ

1927psを発揮するアウトモビリ・ピニンファリーナ初のモデルは、EVハイパーカーから高級パフォーマンスSUVまで登場が予定されているラインナップの頂点に君臨することになる。

数々のテクノロジーはますます存在感を増しつつあるリマック社が開発を行ったものであり、フォーミュラEドライバーのニック・ハイドフェルドがセッティングを担当している。

ピニンファリーナ・バティスタ
ピニンファリーナ・バティスタ

史上もっともパワフルなイタリア製ロードモデルだとされており、ピニンファリーナではこのクルマの0-100km/h加速を2秒以下、最高速は349km/hに達するとしている。

ポールスター2

ポールスター・ブランドのオーナー、ボルボに対する高い評価を考えれば、この新たなパフォーマンスブランド初の主力モデル、2も十分なポテンシャルを備えているに違いない。

このテスラモデル3のライバルモデルは5ドアのファストバックボディに、408psと67.3kg-mのパワーとトルクを組み合わせ、0-100km/h加速5秒以下を達成するとともに、501kmの航続可能距離を確保している。

XC40と同じボルボのCMAプラットフォームをベースに、キャビンにはまごうことなきボルボらしさが感じられるとともに、独自のテクノロジーが採用されている。

2はトップスペックのとなるファースト・エディションを皮切りに、販売はオンラインのみで行われる。

ポルシェ911ターボ

新型911ターボは911シリーズのなかでより速く、より高価なプライスタグを掲げたモデルとして登場することになる。

600ps以上のパワーを発揮する3.8Lフラットシックスを搭載して、322km/h以上の最高速を達成するとともに、新デザインのリアやアルミホイールの採用、さらには4本出しマフラーなどのスタイリング変更も予想されている。

フォルクスワーゲンID 3

フォルクスワーゲンID 3
フォルクスワーゲンID 3

フォルクスワーゲンが初代ゴルフ以来の重要なモデルだと言うID 3は、初めてEV専用のMEBプラットフォームを採用して、主要カテゴリーのすべてで大胆な電動化を進めるフォルクスワーゲンの先陣を切るモデルとなる。

英国版AUTOCARが初試乗を行ったプロトタイプでは、このクルマは素晴らしいEVであるとともに、パワートレインにかかわらず、優れたハッチバックであることを感じさせた。

英国では3500ポンド(50万円)の政府補助金を除いて2万7500ポンド(394万円)からとなるその価格は、よりコンパクトなライバル同等であり、フォルクスワーゲンが誇る「規模の経済」が、いかに他のメーカーを凌ぐものかを示している。

関連テーマ

人気テーマ

おすすめ記事

 

ポールスターの人気画像