【ホットハッチ越えた?】俊足クロスオーバーの実力を試す フォルクスワーゲンTロックR vs BMW M135i 後編

2020.02.15

ホットハッチという魔法

では燃費性能はどうだろう?

予想通り、重量と前面投影面積の点でクロスオーバーの方が不利であり、ハッチバックのライバルが12.5km/Lを記録した一方、TロックRは11.5km/Lに留まっている。

フォルクスワーゲングループが誇るお馴染みのEA888型エンジン。
フォルクスワーゲングループが誇るお馴染みのEA888型エンジン。

TロックRがほとんど何の違和感もなく日常生活に溶け込むモデルであることに間違いはなく、そのB級路での能力は深い印象を残すだろう。だが、その点ではM135iも決してひけをとらない。

では、毎日をともに過ごすことの出来るパフォーマンスカーからも刺激を求めるドライバーにとって、より相応しいのはどちらのモデルだろう?

その答えはBMWということになる。

活気に溢れたステアリングを備え、そのシャシーは自然な機敏さを見せるとともに、今回のテストでは真の実力を発揮する機会はあまりなかったかも知れないが、ドライバーの要求に対してこのクルマのドライブトレインは見事に応えてくれる。

ホットハッチとは非常にシンプルなレシピから創り出されたモデルだからこそ、他のカテゴリーで再現することは難しいのだ。

一般的なドライバーにとって、TロックR とM135iの間に違いなどほとんどないだろう。

だが、そうではないわれわれのようなクルマ好きにとって、クロスオーバーの余分な車高と重量は、魔法の力を失わせるに十分なのだ。

 
最新試乗記

人気記事