【最高の小型ハッチバックを探せ】スーパーミニ・メガテスト 勝利のカギは全方位の魅力 3位〜1位 後編

公開 : 2020.05.17 18:50  更新 : 2021.02.20 18:32

すべてのひとにおススメ

フィエスタはひとつの傑出した点が魅力のモデルであり、このクルマにフォルクスワーゲンや、すでに敗退したプジョーのようなテクノロジーやマテリアルにおける洗練を期待するものなどいないだろう。

だが、例えそうだとしてもこのクルマと同じような金額で全方位に渡る完成度を誇るモデルなど珍しくはなく、もはやフォードにとっても見事なダイナミクス性能というだけでは十分ではないのだ。

ポロのキャビンでは真の高級感を感じることが出来るとともに、運転もしやすい。
ポロのキャビンでは真の高級感を感じることが出来るとともに、運転もしやすい。

クリオは、見事なスタイルと魅力的な価格設定を求めるドライバーに躊躇することなく勧めることが出来るだろう。

フィエスタは、そのいまも変わらぬ優れた動力性能によって、依然として運転好きなドライバーにとっての定番だと言える。

だが、ポロなら誰にでもおススメすることが出来る。

ほとんどすべてのスーパーミニを凌ぐ広々としたキャビンに、高級感と多くのテクノロジーを組み合わせるとともに、優れた使い勝手と洗練された動力性能を備え、決して平凡でもつまらないモデルでもなければ、想像以上の高額なプライスタグを掲げているわけでもない。

フォルクスワーゲン・ポロが新たなクラスチャンピオンであり、どれほど多くの新たな挑戦者が返り討ちにされることになるだろう?

セカンドオピニオン:ルノー・クリオ

新型クリオは先代から大きく進化するとともに、生真面目さが際立つポロよりも多くのキャラクターを備えている。

理性よりも感情で選ぶとすれば、それはルノーということになるだろう。

関連テーマ

 
最新試乗記